女三人広島の旅

長い文章を書いたのが全部消えた〰っ。
がぐっ。 ̄(=∵=) ̄



毎日、バタバタと過ぎて行ってますが
来年も幸せな事にパタパタになりそうな予感!
神様からのロング休暇を貰うまではパタパタママでがんばろうと思います\(^-^)/

そうそう、
どう考えても可笑しな事が起こるでしょメンバーと一泊二日の広島の旅へ。
四年前に一緒にライブをしたメンバーにも再会でき、来年の打ち合わせも出来ました!

夜は胡町にある大好きなお好み焼きやさん
【タカノハシ八昌】でご馳走になりましたm(_ _)m
広島の皆様、またよろしくお願いしますm(_ _)m

今回の旅、旅行社で、大浴場のあるホテルを予約してから、行きました。
ホテルに到着後、口コミを見たら(順番が逆だわね( ≧∀≦)ノ)広島市内のホテルの41位。
アハハ。ヤッホー。

最高なことに大浴場は貸し切り状態で
はじめは普通に湯船に浸かってたのですが
突然、パンダ🐼が歌いだし、それに直ぐに呼応してアフロ姉さんが、遅れを取りながらも髪を洗いながら、わしも加わり、 
そのうち、
湯船の縁を太鼓がわりに叩きながら
水面をバシャバシャ叩きながら
歌う歌う歌う。
生き物のようにメロディーは変わり、リズムが
変わり、テンポが変わり、
誰かの先導に二人が乗り、ハモったり、追っかけたり、リズムを刻んだり、
天と大地を繋ぎ、祈りや願いや希望は聞き届けられました!と実感するような
それはそれはスピリットが感じられる土着的な歌が生まれましたよ〰!(姉さん達にばらしたな~と叱られるかな( ≧∀≦)ノ)

この歌から生まれたエネルギーが半端なくて、
いつか全員参加の銭湯ライブなどをやってみたくなりました( ≧∀≦)ノ

話が逸れましたが✨
濃くて濃〰い一泊二日広島の旅終了〰。

来年の広島ツアー近くなってきたら、また、
アップしますね〰❤
スポンサーサイト

沖縄本島☆最終日



☆沖縄☆人巡り海巡り空巡り星巡りの旅!最終日☆

遅くまで起きてた最後の晩が過ぎて行き、
朝早く、勢い良く降る雨の音で目が覚めました。

おおっ!今回の旅、大快晴が続いたのに、
最終日は雨か〰?!と一瞬思ったものの
ま~寧ろ、最終日しか降らなかった事に感謝した方がいいなぁ~❗などと思っているうちに
青空が見え始め、
お天気にも恵まれました!
1日足りとも忘れたくない旅となりました(^-^)

普段の旅では、ほとんどがホテル宿泊ですが
今回は、波照間島も沖縄も民宿☆

二つの民宿で二人の素敵な人達との必然的と思える出会いがありました❤
正に旅の醍醐味ですね!

ご飯を一緒に食べると心の距離の縮まり方も
早いような気がします☆

波照間島では、チャーミングな みちえちゃん!

今朝はまばるでは、ご自分の経験を元に子育ての講演会をされている牧寛子さんとの出会いがありました!

初めから、神様が計画されていたように感じた
二人との出会い(民宿万歳🙌)

寛子さんとは、はまばるの前でさよならして、
我々は、
朝、雨降ってたので、予定を変更して、
先ずは、琉球ガラス村。
建物自体に遊びがあって、美しかったー!

その後、糸満のスーパーマーケットへ。
(時間に余裕のある旅の場合、海外でも国内でスーパーマーケットに行きます!楽しみの一つ!)
アセロラ、シークヮーサー、黒糖、お茶の葉、
島野菜などを購入。満足!満足!

埋め立て地の海岸に行き、ショベルカーに乗って、ドナドナ気分を味わったあとは、
マンゴーカフェ 木の葉へ。

このマンゴー御殿の造りも綺麗で気持ち良く、
マンゴー果汁のみのかき氷は、
マンゴー好きにはたまらん絶品!(お勧め)

その後、空港でチェックインして、荷物を預けたら、国際通りへ!と思っていたけど、
それほどの時間はないって事で、空港でプラプラ。

ゆきこ&ハルは三泊四日
パンダ🐼朋子&正美は四泊五日の短い旅。

この短い時間で、しっかり二キロアップヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!(どんだけ食べたのでしょ。ヒィー)

東京で知り合った会いたかった友達二人との再会

会うべくして出逢ったであろう新しい友達二人

そして、出逢いたかった空や海に出逢え
味わうことなくバタバタと過ぎて行った2016年の夏を取り戻しました\(^-^)/

一つ心残りは、もしかしたら、沖縄で逢えて一緒に飲めたかもしれない素敵な人と逢えなかった事☆
ウフフ☆また沖縄に行く理由が(〃ω〃)
コツコツお金貯めようっと!!!

皆さま、お付き合い下さり、ありがとうございました\(^-^)/
 
通常営業に戻ります\(^-^)/


石垣島~沖縄本島へ☆3日目



石垣島から、沖縄本島へ☆

パンダ🐼&ハルの友達が昨年の7月に
沖縄で、民宿はまばるを始めた。
(2年前の沖縄の旅を作ってくれたアッチャン親方)
彼女の明るさと行動力は並みじゃなく、
会うとすんごくパワーを貰うので、
今回のメンバーにも会って欲しかった(^-^)

そして、アッチャン親方が始めた三線民宿はまばるも見てみたかった!

石垣島から、沖縄へ移動して、
まずは、世界遺産となったセイファウタキへ。

ゆっくりと遠い過去の出来事に焦点を合わせて、
登りたかったけど、
時間的に余裕がなかったのと
ひっきりなしに飛んでくる飛行機の音で、
心静かに歩くことはできなかった。
 また、いつかゆっくり訪れることが出来ますように☆

そして、向かった先は、はまばる。
はまばるに、スーツケースを置いて、チェックイン。

おおっ!夢が溢れてる~!!!

つづく

波照間島ー石垣島2日目


波照間島☆2日目の昼
今日も快晴!
みのる荘で、自転車を借りて走る走る!
焼き豚のように腕から汗が吹き出しても
気にせず、ぐんぐん風を切って走る走る。

日本最南端へ。

午後からは泳ぐ泳ぐ。
トライアスロンかっ?!

海の底まで届く光が煌めいて
シュノーケルしながら、心がトキメキを覚えちゃいました☆

ほんとは、波照間島2泊の予定でしたが
翌日の船が台風の影響で欠航になる確率が高く、泣く泣く最終便で石垣島へ。

急遽、石垣島宿泊になった我々のホテルは、
2つに分かれ、バラバラになりましたが
波照間島で出会ったミチエちゃんと我々と
焼き肉と海鮮の2つのお店でお食事。
(食べ過ぎです。はい(〃ω〃))


今回、波照間島では、民宿まんやに泊まりました☆
まんやのジュンコさんがとっても素敵な人で、
この旅が忘れられない素敵な旅になった一つに
ジュンコさんとの出会い、
そして、まんやで出会ったミチエちゃんとの出会いもあります!

つづく

波照間島へ☆第1日目


今朝5時前に自宅を出て、
羽田空港→那覇→石垣島→高速船でついに波照間島へ☆

栄養は足りていたけど、
自然が足りなかったんだな〰☆と実感。

高速船もあと30分長かったら、青白い顔の出来上がりになるって所で、島陰が見えてきて、
ホッと一安心。

先発隊の3名は既に波照間島入りして、
ニシ浜で泳いでいる情報を受けて、
ゆきこさんと自転車を借りて、ニシ浜へ。

輝く海 白い砂浜

手足を伸ばせるだけ伸ばしてるようなfreedom感。

このあとは、民宿でお食事を頂いて、
星空ツアーとなるか?!

切り取りたいほど、美しいポイントが
在りすぎて、充電が足りないっす☆

暫し、日本最南端の夕陽をご堪能くださいませ~\(^-^)/

2014☆韓国ツアー☆長女四女旅栞③


3月8日 3日目



前日の夜
旅の一番の目的であるコンサートも大成功に終わった我らは、
旅の第2の目的?の買い出しへ☆

宿付近の地下鉄から、乗り継いで
まずは東大門市場へ☆

靴くつクツ かなりの数の靴屋さんが
両サイドずら~~~~~~っと並んでます。
妹と二人で、姪っ子にピンクのキラキラの靴を購入☆

自由行動になっていたメンバーが
次々と集合して、地下鉄に乗って移動。

広大な土地に韓国のあらゆる食料が集まっている市場へ。



流石は韓国!とんがらし専門店。


豚足はじめ肉専門店がずら~~り、
新鮮な野菜や果物がずら~~り
海藻類や魚がずら~~り

食文科が豊かな国っていいね~(*^^*)

狭い路地にも小さなお店がずら~~り

お店のお婆ちゃん達を見てたら、
何やら人間の命の営みが妙に愛しい気分

条件のわるい場所でも一生懸命に働いてる人達を見ていたら、
なんだか胸がきゅ~んとしちゃっただ。


人は生きるために食べるのか?!
食べるために生きるのか?!

お腹も空いてきたし、
お店の前で売ってる揚げたてのチキンも
美味しそうだしって事で、
11人で狭いお店にピチッと入る。



はじめはあまり愛想が良くない感じのおばあちゃんだったけど、
途中から、私の妹を
娘だよ~♪
顔が似てるでしょ!なんて言って、
意気投合。


おばあちゃんの若い頃の写真なども
見せてくれたり(*^^*)

そうこうして、会計も終わった後に
おばあちゃんの奢りで、
砂肝の唐揚げ二皿きた~☆
めっちゃめちゃ美味しかった!!

国と国はあまり上手くいかなかったとしても、個人対個人は気持ちよく繋がれるのよね~☆
おばあちゃま、ご馳走さまでした☆



その後、街中を歩いて、
次の市場へ。

広いお店全部が朝鮮人参専門店☆
半端なく広い!
ここで私も購入☆

会計の時、私の買い物袋にお店のおじさんが自分の自主製作CDを一緒に入れて、

私はシンガーソングライター。
私のCD

って名刺と一緒に渡してくれました(*^^*)

帰国してから、ちゃんと聞きました☆
演歌のような感じでした!
(私、結構こういう感じの事が多いです☆
一人だけ何か貰ったりとか(≧∇≦))





私のお買い物は朝鮮人参、わかめ、韓国海苔。

妹は帰国したら、ゴールデン街のナベサンで韓国フェアをやるとの事で、
大量に買い込んでました(*^^*)
(毎年、お店を休んで海外に行き、帰国したら、その国のフェアをやってるみたい!昨年はポルトガルとパリフェアだったみたい)

さぁ~お買い物も済んだって事で、
一旦、宿に戻り、荷物の整理などした後に前日に見つけたチャングム写真館へ☆



普段、ほとんどテレビを観ない私ですが
韓国ドラマの「チャングム」には、
はまったはまった!
チェゴサングン様、ハンサングン様に
心底惹かれました(*^^*)
そんな憧れの女官の衣裳を着れました!

この写真を見た韓国の人にも
褒められた~~\(^o^)/

念願が叶いました~☆☆☆
やった~~!!!

2014☆韓国ツアー☆長女四女旅栞②



3月7日

旅の栞とかないので、1日のタイムスケジュールが全く解らない。
どんな1日になるのか?(^o^)うほほ

どうやら、今日はコンサートの日らしい!(≧∇≦)

起きた時には、朝ごはん間に合わず。

朝食後にホルモン療法の薬を飲まなきゃならないので、パンをかじる。
食よりも睡眠を取った私。


地下鉄に乗り、会場となるホールを目指す。

地元の人達はスイカのような物が発達しているようで、我々はこの黄色のカードを1650ウォンで購入。
目的地に着いたら、清算して500ウォンが戻される。
一々清算しなきゃならないので面倒では
あるけれど、エコですなぁ~♪


過去にもこのツアーは行われているようですが
韓国の有名なピアニストで作曲家のパクさん主催のコンサートのようで、
パクさんのホール(ぎゅっとしたら120人位は入る)で行われました。

檜造りの素敵なホール☆


リハーサルが始まりました。


カヤグム(琴)の張理香さん
(日本から一緒に行きました)
韓国在住のチャンゴ(太鼓)+パンソリ(歌)奏者
ピリ(笛)奏者
伝統音楽の超一流の3人

そして、日本から、伝統舞踊の先生の踊り☆

この四人のパワーバランスが素晴らしく、リハーサルから感動!



キリッとした緊張感と気高さと品性
一瞬で研ぎ澄まされた空間になりました!すごい!!!

息するのを忘れちゃう。


私も原田依幸さんのピアノと一緒に歌わせて頂く。

ぉぉおおおおっ!!!

Amazing Graceはこれまでに数多く歌わせて頂きましたが
今までには全くないアプローチだ。

ぉぉおおおおっ!!!

今まで開いた事のない奥まった所にある心の扉が次々と開かれていく。

なんだろ?!この感覚は!!

一歩先の道が全く見えない
こわくもあり
震えるほどワクワクもする



ただ、一歩踏み出した所には
色彩豊かで鮮やかな世界がある。

内側から壊れてゆく

壊れた内側に居場所を失った心が
外の世界へ飛び出してゆく

肉体もろとも高みへと登ってゆくようだ

Amazing Graceの歌詞と私の距離が
半端なく近付いて
心が震えた

一番の歌詞を繰り返し歌いたくなり
一番だけを歌った


上手く表現出来ないけれど
ピアノに向き合った時の原田依幸さんのしなやかで力強いエネルギーに
1音1音の中に宿るスピリットに
大地のような
絹糸のようなピアノの音色に催眠術をかけられたような感じだ

初めての感覚

衝撃的だった!!!

各々のリハーサルも終わり、
本番まで自由時間。

みんなでお昼ご飯を食べに行きました。


十数人分の食事代をバンマスの原田さんがご馳走してくれました~(*^^*)
気持ちが有り難い!
ご馳走さまでした。

その後、本番まで、まだまだ、時間があるってことで、
ホール付近の探索に出掛け、
先ずは川沿いのアスレチック☆

大人の修学旅行


川沿いをウォーキング(毎日15000歩越えだった!)
お洒落なカフェでお茶して、ホールへ。


本番の準備をして、お客さんを待つ☆


杵屋三七朗さん



私が参加表明する前から、このコンサートは決まっていました。


この3アーティストのプログラムの流れがほんとに素晴らしい!!!

MCもなく、
静かに熱く流れる時間
息を飲むのも忘れるほどの
心地好い緊迫感

会場内に人がいないのか?と思うほど
お客さんもアーティストも
心以外は静まりかえっている


凄い

私はこれを観るだけのために
これを感じるためだけに
韓国にきた


のだ!と思ってもいいくらいに
濃縮された時間でした。


全く異質な私が入る余地なし!
コンサートの透明感を維持するためなら喜んで撤退でも構わない。

元々プログラムに入ってないんだし(*^^*)
リハーサルで歌えただけでもいい。
(あの感情が沸き上がっただけでも大満足!!)


そんな気持ちになりました(*^^*)



長くなったのでこの辺で一旦。


~~つづく~~






2014☆韓国ツアー☆長女四女旅栞



3月6日☆

平日の朝の満員電車にスーツケースを持って、
乗り込まなきゃならない!と
前日の夜より緊張していたけれど、
少し時間がずれたようで
思ってたよりも無理なく乗り込め、
ホッ。

新宿で妹(ゴールデン街ナベサン・我が家の末っ子4女)と長唄の杵屋三七朗さんと
合流して、
成田エクスプレスに乗り込み、
成田空港第2ターミナルへ。

私は、ほとんどの人をほとんど知らない(2回目の人が5人)団体ツアー☆


事の発端は、
お正月に我が家に来ていた4女のナヲが

「3月に韓国に行くよ!
生活向上委員会の原田依幸さんと三七朗君とカヤグムの張理香さんが韓国でコンサートをするのよ~。そんで、私も一緒に行って来るよ♪」

えっ?!いつ?!

すぐにスケジュールを確認すると
その期間が綺麗に空いてる!
これは行きなさい!って事かも。

私も行きたいなぁ~(*^^*)

あっ、じゃ、一緒に行きましょ!
早い早い!主催者さんに確認しなくていいのか(≧∇≦)


ま~私は韓国食べ歩き観光ツアーくらいの軽い気持ちで参加を決めました。

お互いに忙しく過ごしていたので、
ナヲと旅した事もないし、楽しそうだ!

そうこうしているうちに
急遽、私もAmazing Grace 1曲で
コンサートに参加する事になったようで
打ち合わせで、原田さんとキーを決めました。

C~F(今までこの転調はした事がなかったけれど、原田さんからのリクエスト。斬新!
)

さぁ~、話をツアーに戻します☆

今回のツアーメンバーは17人?18人?
自己紹介とかもないので、
誰が誰やら、何をする人かも解らないまま、ツアーが始まりました。えへっ。



お天気に恵まれ、しかも大好きな窓側の座席だったので、ワクワク☆


行きは搭乗時間、二時間半くらいで
大きくて綺麗な仁川空港に到着。
バスに乗り込み、宿に向かう。



赴きのある清潔な韓国式オンドル付き宿

朝食付き3泊で約12500円。
超格安!!


中庭に座るピアニストの原田依幸さん

シンプルだけど、めちゃうま朝食☆

今日から3泊、4人部屋☆
三君、ボーカルのFujikoさん、妹のナヲ、そんで、私が同室。

あまり広くない部屋に細長いお布団を
4つ敷いて、
片仮名のヨと云う文字のように寝たのですが
この部屋がほんとに最高だった!!!

ホテルの個室でゆったり一人で過ごすのもいいですが
旅は同室でワイワイってのがほんとに楽しいんだなぁ~(*^^*)(*^^*)と確認した次第☆

第1夜
宿にほど近いお店で晩御飯。
観光客はほとんど来ないのではないか?と思うお店だったけど、
お料理が美味しくて、早くも食べ過ぎが始まる。

満腹満足!!!

韓国料理大好きだ~(*^^*)
ご馳走さま。


宿に戻り、屋外にあるトイレ&シャワー、寒さを考えると二の足を踏むけど、気合いを入れて入る☆

おっ!若干、すきま風はあるけど、
トイレもオンドルになっとる!

大丈夫だった~(*^^*)


では、おやすみなさい♪





ーつづくー










大好きな長崎★最終日

あたたかな結婚式が終わり、
ホッと一息付いて、我々一向は、レンタカーを借りて、向かうは雲仙へ。

道中、日本棚田百選に選ばれている棚田に遭遇。
車から降りて、暫し、美しき棚田を眺める。



雄大な自然に包まれると
身体の奥が喜ぶ。
人間も自然の一部なのだね~。

目指すは古い歴史を持つ徳島屋旅館へ。



旅仕事が多いので、ホテルに泊まることは多いけれど、自分で行かなければ、なかなか旅館宿泊はない!ってことで選びました。

当たり!!

この辺り一帯の温泉の源泉ってことで、
ポカポカと気持ちいい。

旅館の斜め前に小地獄温泉があって、
先ずは到着後、直ぐに入りに行きました。



入門したばかりの力士のようですよね(≧▽≦)

旅館に戻り、夕飯を頂きました。


眠る前に旅館の温泉に浸かり、旅の疲れを流しました。

翌朝、朝食を頂いて、雲仙の地獄巡りへ。



(うわ~!悪そう!って言われながら、撮ってくれましたのよ。湯煙と私)


これまでにも、キリスト教の教えが根底に流れる書物を数多く読んで来ましたが
凄まじい弾圧と拷問を受けながらも信仰を守ってきた人達の話は涙なくして読むことなど出来ない程、深く心に沁み、いつかその地を訪れたいと若い頃から、願って来ましたが
おかげ様でこの十年くらいの間に長崎、五島列島の旅を通して、触れることが出来ました。


今回は、雲仙~島原と云うことで、 
また、その地へ行くことが出来ました。



島原城★
一階のキリシタン資料館は、
じっくり時間を掛けて、一つ一つの物に焦点をあて、文章を読み・・と進んで行くと
気が付けば、歯を食いしばり、両手の指を絡み合わせ、肩に力が入っていたようで、頭が痛くなりました。

迫害、拷問、それでも信仰に生きた人達がいてくれたから、日本にキリスト教が広まったのだと思うと深く深い感謝の念でいっぱいになります。



島原城の次は、武家屋敷へ。

その後、迫害されながらも信仰を守った人達の島原カトリック教会の礼拝堂で静かに流れるゴレゴリオを聴きながら、暫し、祈りの時を☆



昼食は手打ち蕎麦。
注文してから茹でてくれた麺のこしと出汁が美味しかった!!




食後、海望閣?で、海を見ながら、温泉に浸かる。

図らずもこの日は、雲仙普賢岳噴火から、22年目と云うことで、資料館へ。

家族や周囲の人達を助ける為、奮闘して(消防団)火砕流でお父さんを亡くした子供の作文に涙が出る。
せめて夢でもいいから、毎晩、お父さんに会いたいと。。

普通に暮らせることが既に奇跡の連続なのだと
心新たに。



Amazing Graceが心の中で鳴り響く。


その後、我々は小原温泉へ。
私はやや疲れが出て、車の中で待機。
2人は150円を払って、町営の温泉へ。



天候に恵まれ、撮りたいロケーションが沢山。
美しい!!

(これも悪そう(≧▽≦))

さぁ~、出発地点の大村へ。



長崎空港では、昨年、ビックリトルで長崎訪問した時に大変お世話になったpandaの知人の美砂子さんと久しぶりの対面☆

最後のチャンポンを頂いて、
大好きな長崎にさようなら☆☆☆

しのちゃんご夫妻が呼んでくれたおかげで、
巡礼の旅も出来、素晴らしい3日間を過ごすことが出来ました!!

ありがとう(*^_^*)


次に長崎訪問出来るのはいつになるのか?!
分からないけれど、
その日が早く来ることを願っています(*^_^*)

長い旅日記を最後まで読んでくださり、
ありがとうございました★

大好きな長崎へ★第一日目

遡り日記★
あっという間に6月に突入!

6月1日(移動日)
Hal&pandaと美砂子さんで長崎へ。

翌日に控えたpandaの生徒さんの結婚式の為、
(私まで呼んで頂き、嬉しかった!!
新婦さんは国境なき楽団の「笑顔が待っているツアー」にも二度程参加してくれてる旅仲間でもある)


大好きな長崎に飛んだ我々一向は、
空港に到着するなり、空港内で早速、チャンポンを頂く(二時間程前に羽田空港でカルボナーラを食べたことはすっかり忘れて(≧▽≦))




そこへ、新郎新婦が迎えに来てくれて、
宿泊先の大村のホテルへ。

このホテルがビックリするくらいに素敵なホテルだった!!
全国津々浦々、旅しているけれど、
確実に三本の指に入る。
我々のテンションが更に上がる!





あまりに素敵なお部屋だったので、
お店に行かず、イオンでお刺身などを買い込んで、部屋飲みとなりました。

食後、ゆったりとしたバスタブでジャグジーしながら、読書タイム★
みんな、おやすみなさい★

ご無沙汰です☆

流石に師走!!
毎日をバタバタと走っております。

blogを始めて、こんなに空いたことがなかったのですが大丈夫です!
昨日から、はなみずが止まらず、痩せる思いですがそれ以外は元気(*^_^*)

歌う機会も多いけど、喉もなんの心配もなし!


29日まで一気に駆け抜けますが
お正月は2日まで予定がないので、
落ち着いて、記憶を辿り辿りしながら、振り返ろうと思います。

とりあえず、今月はビックリトルでクルーズ仕事が結構な日数入っていて、都内にいない事も多いです☆

5日6日は横浜ワンナイトのサンタクルーズ☆

9日~14日は小笠原サンタクルーズ☆

23日~27日は大阪~別府サンタクルーズ☆
神戸ワンナイトサンタクルーズと続きます!

って事で小笠原サンタクルーズ☆の旅の写真をば。







では,皆さま、素敵な1日を(^_^)ノ

2泊3日☆函館の旅・③最終日



一気に書き上げようと思ってましたが
バタバタで、時間が空いてしまいました。
でも、折角なので、遡って、いよいよ最終日へ。

前日の晩より、11時間連続睡眠。
目覚めた時、朝の散歩から帰ってきた娘が
朝食用に長谷川ストアーの「やきとり弁当」を
買って来てくれ、函館山が一望出来る窓辺にセットしてくれてました(^-^)

昔、娘と行った済州島でもこんな事があったなぁ~なんて思い出しながら(ダメダメ母さんでごめんよ)やきとり弁当を頂く。



食後、まだ間に合うと向かった先は13階の温泉露天風呂。

空いてる上に朝日が燦々と射す露天風呂。
周りのビルから、丸見えなんだけど、
大いなる青い空、穏やかな港、そして、
眩いばかりの朝日。
そうです。気持ちが開放され捲り、気付けば、
裸のまま、窓際に立ち、全身で朝日を浴びましたわよ~(^。^;)
怖いですね~!周りの人達。すみません(≧▽≦)

気持ちいいったら、ありゃしない!!

都会じゃ考えられない程の大胆行動ですわ。

身も心もスッキリして、無料のアイスキャンディーを二本食べて、12時チェックアウト。

フロントにスーツケースを預け、
娘と最後のラッキーピエロへ。
1日1ラッキー、3日で3ラッキーの私達(≧▽≦)
函館近辺にしかないから、いいのだ!


念願の土方歳三バーガー(帆立)
贅沢に帆立を使いながらも380円とお得!

ラッキーを後にして、娘の運転する車に乗り込んで、目指すは函館山。
夜景を見る為に二度程、登ったことはあったけど、昼間は初めて。

ロープウェイ入口に行くと吉幾三さんがテレビロケしてた。

ほとんど貸し切り状態で、展望台に到着。
早速。


天候にも恵まれ、美しい!!
おおっ!とかああ~とか言いながら、しっかり眺め、一眼レフで写真撮影。



綺麗だなぁ~!!
寒かったけど、昼間もいいね~!!

更に開放された私達は、展望台レストランでランチを頂く。(旅に来たら、何食目かは考えない!あはっ)




北海道産の牛を使ったステーキランチ。
正直に書くけど、これはもう一工夫ほしいと思った。次回は違うメニューを頂くとしよう。

昼から行動なので、段々とフライトの時間が近づいて来る。

函館は観光名所があちらこちらにあるけど、
我々が向かった先は、函館山公園。
派手じゃないけど、心落ち着く静けさと美しさがある。

木々が艶やかに紅葉していた!
実際の色が全く写真で写せず、残念!



それはそれは美しい!!

時間の関係でゆっくり探索出来ずに残念だが
次は函館山の浄水場。
ここは、日本で二番目に出来た近代的な浄水場。

形容しがたい程のいい匂いがあちらこちらからする。
歩いていると娘と同時に深呼吸を始めるから、
私の勘違いではなさそうだ。

本当にいい匂いなのだ!!

いい匂いとさよならして、

サァー帰って、お土産を買おう!
買いまくりました。北海道にお金を落として行きましょう(^_^)ノ


レンタカーを返す時間が迫ってきた。
我々はスーツケースを手に、空港へ向かうバスに乗り込む。



ここでもお土産を買う。食べ物ばかりなり。

おっ!フライトの時間が遅くなった。

空いた時間をどうしようか?と考えながら、
では、最後にもう一度、塩ラーメンを頂きましょう(^_^)ノ

我らの伸縮自在の胃袋は幾らでも受け付けてくれる。


結構、お腹いっぱいだったけど、美味しかった~!!

って事で函館の旅は終わりを告げました。

さよなら、北海道☆
また会う日まで(^_^)ノ

2泊3日☆函館の旅②



函館滞在1日目の夜、
台湾にある蒋介石像のようなポーズで。
(素敵なホテルはロビーも好き!)

今回、宿泊のホテルは朝食もかなりの評判らしいけれど、ゆっくりと朝を過ごしたい私の為に
娘も合わせてくれ、10時にレンタカーの引き渡し。

娘の運転で、函館市内をドライブ☆
初めて、娘の運転する車に乗ったけど、
助手席で足を突っ張ることもなく、快適なドライブだった!!良かった!!ホッ。





途中、寄った高竜寺は歴史あるお寺のようで、
国の重要文化財。

立派な門の前には、大量の黄色の銀杏の葉が
堆く積まれていて、いい季節に来たなぁ~と
暫し、物思いに更ける。

美味しい物を頂いたり、素敵な景色を見たり、
楽しい旅をすると家族や友達や仲間達にも
味わってほしいとお節介おばさんが私の内側から、ムクムクと起きてくる。


今回の函館の旅中にも何度となく、
お節介おばさんが起きてきたよ(*^_^*)



時系列が既に頭の中でめちゃめちゃになっちゃったけど、久しぶりの11月の北海道、寒いかな?と一応、温かい格好で訪れたけど、思いの外、
それ程、寒くないかも?と思ったけど、
トイレには頻繁に行きたくなったから、寒かったのね~。

夜、街を歩いていて、急にトイレに行きたくなり、灯りの点る所へ入ると観光協会だったらしく、「どうぞお使い下さい(^-^)」とかなり感じよく案内されました。

観光地だからか?そうじゃないのか?わからないけれど、あちらこちらの皆さんの対応があったかくて、旅を更にいいものにしてくれます!


話は戻りますが
函館と言えば、塩ラーメン。


観光客はあまり行かないのではないかな?
地元出身の娘お薦めのお店に車で連れて行ってもらい、
夕食にはまだ早いが頂きました☆

アッサリした中に深いコクのあるスープが美味しい!!

満足(*^_^*)
私としては、北海道と言えば、味噌ラーメンだったけれど、塩ラーメンもいいもんだね!

我々はまた、車に乗り込み、娘の実家へ。
久しぶりにお会いした娘の本当のお母さん(笑)
流石に数年会っていないと年齢を重ねた感じがしたけれど、相変わらず、綺麗!!

娘も私もお互いに母親には似てなかったけれど、
年齢と共に少しずつ似てきたかな?

どちらかと言えば、背格好や顔の雰囲気は、
目がくりっとしてる所なども母親同士の方が似ている感じだから、不思議だ!

そして、母親と似てない子供同士が親子と間違われたりしてるんだから、面白い!!

娘の実家でお茶を頂きながら、そんな事を思いつつ、サァー晩御飯に行きましょう!って事で、
五稜郭近くのお寿司屋さんへ。
滞在時間も少なくなってきたので、もう一度、
お寿司が食べたかったのよ~☆








先ほど塩ラーメンを食べた事はお母さんには内緒だったけれど(≧▽≦)
バレることなく、美味しいお寿司を頂きました~☆

美味しいと食べられちゃうから、あら不思議!

お母さん、お世話になりましたm(_ _)m
また、近いうちにお会いしたいと思います(*^_^*)


娘のお母さんを送り、ホテルに戻ってきました。



部屋に戻り、一旦、二時間の仮眠をして、
12時になったら、温泉露天風呂へ行こう!と目覚ましを掛けて眠りに就いたのですが
私が目覚めたのは、、、翌朝の九時。。ヒィ~。


なんとなんと11時間も眠ってたようです!

これだけ、連続で眠れるってまだまだ、若い!!
アハッ(≧▽≦)

って事で、おやすみなさいはなしよ~☆


書き忘れましたが
ドライブの最中、娘の同級生のお店にもチラッと寄りました。
雨降りだったので、私は車の中から、見ていたのですが実に楽しそうで、車に戻って来ると
手にはお土産が(^-^)

豆腐、厚揚げ、おから☆

そうです。「佐々木豆腐店」に嫁いだお友達だそうです☆ 
車の中から、見ていても分かるくらいに生き生きした表情をされてました☆

あの表情を見ると食べる前から、美味しいのだろうなぁと思う程、素敵な笑顔のお友達☆

実際、娘の実家で厚揚げを一口頂きましたが
美味しかった~!!ちゃっかり、私もご相伴に預かりましたわよ~☆



つづく

2泊3日☆函館の旅・①



11月12日
当日の朝、バタバタと荷物をスーツケースに詰めて、羽田空港へ。

向かった先は大好きな街☆函館

10月はクルクルと良く働いたので、
今年最後のご褒美の旅なのだ。

娘(偽)との親子2人旅。

東京も朝から雨が降っていたけれど、
到着した時、函館も雨模様。

晴れてくれないかな~と心で念じていたら、
空港から目的地へ向かう移動中、優しい光が射して、雨が上がった!ヨッシャ。

空港から20分~30分もバスに乗ると函館駅前に着く。
(滞在時間が短い旅人には、そこもたまらない魅力の函館です!)

我々は駅前を通り越し、今回の宿泊先のベイエリアへ。

「ラビスタ函館Bay」と言うホテル。

チェックインを済ませ、早速、部屋へ。

ドアを開けた瞬間、「ワァオ!!」
部屋の作りも細部に渡り、きめ細やかなデザインな上に窓全面には、函館山と右手に港!!

最高のロケーション!!

しかも我々が部屋に入った途端、函館山の山頂付近で素晴らしい夕陽ショーが始まりました。






早く観光に行きたいけれど、
あまりの美しさに荷ほどきもそこそこに、
暫し、窓の向こうの刻一刻と変化する夕陽ショーに見とれました。
雨上がりの空は眩いばかりに綺麗でした。

この時点で既にテンションが上がりまくり。

自然の美しさに勝る美しさはなし。
神様、ありがとうございます☆

サァー、夕陽も見たし、ご飯を食べに行きましょう!って事で、函館と言えば、先ずはお寿司。




ホテルのすぐ隣のまるかつへ。
廻転してたってなんだって、旨い!旨い!!

烏賊!輝いてる!甘くて、歯ごたえよくて、
旨い!!あ~止まらない。
烏賊に帆立に甘海老にずわい蟹、また、烏賊、、

周りの皆さん、お上品にお皿を少し重ねてましたが、、、我々、カウンターの向こうからも見える位に積んじゃいましたわよ~。

この時点で結構、満腹に近い感じでしたが
函館と言えば、「ラッキーピエロ」
もう一軒行っちゃおう。



って事で、私はくじらバーガー!と珈琲。

アハッ残さず、綺麗に食べましたわよ。
普段からの練習の成果か?!
思う存分、実力を発揮!ピース。

初めて食べたくじらバーガーは癖があるので、
好きな人はトコトン好きになるでしょうし、
苦手と感じる人もいるやも。

お腹もパンパラパンになったので、ベイエリアをお散歩。

アーティスト写真を撮るのに最適なロケーションがあちらこちらに。
って事で、化粧も剥げて、やや疲れた顔ではあるけれど、娘に撮影してもらう。



次回来る時には、ちゃんと準備をして来よう!と思ったりなんだり。

函館は街自体が絵になるので、撮影したい場所があちらこちらにありますのよ(^-^)

その後、身体が冷えたので、ホテルに戻り、
最上階の温泉露天風呂へ。
本気の温泉でかなり身体がポカポカ。

お風呂の横には、アイスキャンディが食べ放題で、アイスを食べながら、函館山や海が見れる椅子が置いてありました~。
至れり尽くせり☆

因みにホテルの部屋には、珈琲豆とミルがあり、
自分でドリップ出来るセットがありました!
全国のホテルに泊まってるけれど、
このセットがあるホテルに宿泊したのは初めて。
嬉しい!

そして、きめ細やかなサービスの中に、温泉に行く時に着てゆく黒のウェア、また、寝る時用の柔らかな生地の白のウェアがベッドの上に用意されてました。

単純にホテルがいいとテンションが上がる。


こうして、函館滞在1日目は過ぎて行きました~。
おやすみなさい。ZzZzZz~☆

食べて歩いてまた食べて。Hal&pandaの珍道中



今日はオフ☆
洗濯、掃除、お買い物、そして、読書の1日にしようと思ってる。

でも、せっかくだから、記録として
過去に遡って日記でも書いてみよう。

BBVのコンサートが終わり、
10日は、下北沢のComcafe音倉にて、
鈴木雄大さんとHal&pandaで、
セプテンバーコンサートの報告会☆
終了間際、庄野真代さん到着!
会場全員でYou canを歌い、今年のセプコン終了!
皆様、お疲れ様でした!



11日と12日、
一泊二日のpandaと久しぶりのプライベート旅。
一緒にいる時間が長いのにどこまで仲良しなんだよ!と突っ込まれながら。。

ほんとはpandaが沖縄に行きたいと行ってたけど(私もじんべい鮫が見たかったし)
時間的な問題で、なぜか?御宿へ。


食べに食べた旅でした!






到着して、直ぐに宿に荷物を預け、
宿のお薦めのお店で昼食。
これがまた、凄い量だったけれど、間食。


食後、月の砂漠像がある海へ。

雨に降られず、ギリギリのお天気。
時折、強く射す日差しが海を照らし、綺麗だった!


(小学生が一人、浜辺で探し物をしていました!)

その後、月の砂漠記念館へ。




そして、何も持ってなかったけれど、
タオルを買って、日本二位のとろりの湯に浸かる。
おばあちゃん達が次々とやってきて、
暫し、会話☆(^-^)
旅はこういうコミュニケーションが楽しい!

さぁー、身体ポカポカでややのぼせ気味だけど、
そろそろ食事の時間だから、宿に戻ろう!

なんせ、車を持たない(持てないとも云う)
我々の旅は電車に徒歩が基本。
この日も結構歩いた。

宿に着いて部屋に入った途端、
湯船にも浸かったし、また、日頃の疲れが出たのか2人ともベッドの上で意識不明。
宿のご主人の声で目が覚める。

今日のメインの始まり!

伊勢海老祭り☆ワッショイ!

街中のあちらこちらに
千産千消に書かれていたように(千葉県)、
ご主人の説明を受けながら、運ばれてきたお料理は地元で採れた物が多く使われていて、
細やかな心遣いが感じられる美味しさでした!

食事の後、宿のお風呂をお借りして、
また、ゆっくり浸かり(食べては浸かりの連続だ)上がった後には会話もそこそこで意識不明。

翌朝、手作りの6種類のパンで朝食。



美味しかった!ご馳走様でした!
お世話になりました。さようなら(^_^)ノ

我々一行は(2人)一旦、駅に行き、
御宿徒歩観光へ。


400年前、難破したメキシコの船を村人総出で
助けた経緯があり、山の上に記念碑が建っているとのこと。

山の上と聞いた時に私などはやや身震いがしたが
張り切ってるpandaは是非、行こう!と。

幸いな事に今日は晴天。ちょっと歩くと
汗がタラタラ。防寒用に巻いていたストールを
イスラム教徒の女性のように頭に巻いて、
駅から海を突っ切り、坂道をグイグイっ

グイグイと行ったのはpandaで、
わしはかなり遅れて、ヒィーヒィー。

ぅ~つらい。つらい。足がガグガグ。

こんな坂道でヒィーヒィー言ってたら、
富士山は無理だね。とバッサリ。
確かに!!!全然、ダメですわ。

そんなこんなしながら、やっとの事登った先に見えた景色にワーイワーイ(^_^)/

苦しみの(大袈裟か?)後のご褒美ですわ。



行って良かった!!

全然知らなかったけれど、日本にはこういう素敵なエピソードがあちらこちらにあるんですね!

船員達の冷えた身体を村人が裸になり、暖め助け、多くの命を救ったそうですよ。

さぁー、心も身体も温まり、町に降りて、
昼食です。

駅に戻り、教えてもらったお店へ。
ゴロゴロを引っ張りながら、行けども行けども、
目的のお店が出てこない。
やっと見えた時には、砂漠で見つけた泉のように(大袈裟か?)嬉しかった!!




食べて歩いて、お風呂に浸かり、
眠って食べて、歩きに歩いた旅でした!


仕事以外の旅って、一年に一回くらいだから、
一回行くともっともっと旅に出たくなります。

余談☆
とろりの湯から出て、海を見たら、キラキラ光っていて、あまりに綺麗だったので、
「panda~、見て~!」と2人で同時に首を左に向けた先に見えたもの

小さな黒いビキニパンツ一丁の187センチくらいの日に焼けた男の人が。。
うっ、ばっちりと目があった(パンツと同じ大きさのウエストポーチ付き)

えっ!10月に海パン一丁?
髪の毛はモジャモジャの天然アフロに眼鏡
ビーチサンダル

ま~、海だからね!と2人で納得したけれど、
その姿のまま、一人で大きな声で話しながら、
街中に消えて行きました。

日本昔話の中に出てくる登場人物と出会えた!
そんな気分でした~。


長い日記を読んでくれて、ありがとうでした~☆

COCORO*CO遠足の前日☆


やっと荷物の積み込み作業終了☆

結構な量になりました~。

明日から、始まる長野県上田市ツアー。


遠足前日のように、、、

深夜に関わらず、
COCORO*COメンバー間で、可笑しなメールが行き交っています☆
うふふ。うふふ。


明日から、毎日、可笑しい事が連続で来るであろう。

心に残る数々の…心に刻まれた忘れる事ない思い出を作り上げてきた伝説のメンバーと一緒の旅だからね!

そんな可笑しなメールやり取りの中、水曜日のレディースデーに行く映画も予定に入った!


…とは言え、
今回はコンサートが終わった後に遊んでばかりもいられないのだが。


新曲の練習やら、譜面書きやら、HALソロ芸術鑑賞会で歌う歌の復習やら、
何やらかにやら。

ほにゃらかほいほいなのであります☆


でも、折角だから、上田市を歩いて探索したいし、
いい風景に出会ったら、
写真も撮りたい☆


…なんて考えてたら、
冒頭に書いた結構な量の荷物になりましたのよ。


1日3回のコンサートの為の衣装。靴。アクセサリー。
化粧品。つけげ。
普段着。
一眼レフ。ipad2。ipod。(その周辺機器。)
譜面。五線紙。


一日のコンサート自体が
3時過ぎに終わったとしても、何やら忙しそうだなぁ~☆

しっかり、子供達とエネルギーの交換が出来れば、
返って、自分達のパワーアップになります(^O^)
(誘惑にさえ、負けなければ、普段よりも進めるかも。)


過去にも沢山のたくさんの子供達の前で歌って来ましたが…芸術鑑賞会は天命だと思ってます☆


一人でも多くの子供達に、
音楽の楽しさを…

音楽と共に歩く人生の素晴らしさを…

夢を持つ事の素敵さを

伝えたい!と思って歌っています(^O^)

さぁ~、どんな子供達に会えるかな?

楽しみでワクワク☆

行ってきま~す(^O^)/


上田市からも日記の更新をがんばろうと思っているので、こまめに遊びに来て下さいませ~!

うひゃひゃ、自分にプレッシャー!うひゃひゃ。

張り切っております☆


朝から張り切っています☆

amazonで注文していた玉置浩二さんのCDが届いた(6枚)…大人買い☆

(生徒さんが私がファンだって知って、MDを沢山ダビングしてくれたのは持ってるんだけど)


これでiPodで聴ける!ヤッター!


玉置さん、半端ない歌唱力だわ~。

優しくもあり、
力強くもあり、
玉置さんの言葉の温度が心地好くて、ほんとに好きだわ。

Live盤を聴いてたら、
メンバー紹介の時にCOCORO*COで弾いてくれてたスーパーベーシストの名前が呼ばれて、なんだかとっても嬉しかった!

(私はマスコミがどんだけ叩こうとその人達の音楽が素晴らしければ、その人達の持つ世界観が素敵なら、なんら問題ないなぁ~。)


って事で、今朝も玉置さんを聴きながら、
レースのカーテンをバリッと真っ白に洗い、洗濯三昧して、
今週末から10日ほどの旅に出るってのに、
宅配サービスで大量に注文してしまった野菜をさばいております☆


20日~30日(金曜日の夕方に一旦帰ってきて、日曜日の夕方からまだ移動)

長野県上田市~栃木県へ。
(COCORO*COのコンサート、そして、栃木県でHALソロ二カ所。)

20日から、5時起きの日が続きます。
起きられるかな?
って言うか早くに眠る事が出来るのか?


健康的な生活☆

緊張感があるなぁ(^O^)


ツアー中は3時過ぎには終わるので、上田市の大地をあちらこちら、踏み締めて来ようと思いま~す♪

新宿~安曇野~松本城~









10時~大好きな家族の車に乗って、新宿を出発!

目指すは安曇野へ。

本日は晴天なり。

日曜日って事もあり、道路が混んでいるかと思いきや、順調。


安曇野でスナックエンドウやエンドウ豆の苗木を三つほど買い、
その後、手打ち蕎麦を頂く。
信州といえば、お蕎麦の旨い処。


うどんは温かいのがいいがお蕎麦は冷たい方が好き。
…なんて飛鳥の旅日記のように細かく一日の流れを書きたいなぁ~と思ったのですが…


眠い(*´0)ゞファァ~~

って事で、

わさびの里 ~

安曇野 ちひろ美術館~

夕暮れ時の美しか~松本城~(久しぶり!)

山梨県の郷土料理
ほうとう(ちゃんぽん)を食べて、新宿へ。


とっても充実した良か休日でした(^O^)/

連れて行ってくださり、
ありがとうございました☆m(__)m

次回もお願いします(^_-)-☆うしし。

3月30日☆航海十一日目・帰港





3月30日☆航海十一日目・帰港

いよいよ、今回のクルーズの最終日。

今まで、旅日記を度々アップして来ましたが帰国した後はぶわ~っと忙しくなり、途中で挫折って事が多かっのですが…

今回は最終日まで来られた!!ヤッター!!プチ達成感。


いつものように
7時半・起床
8時半~和食の朝食。

海ばかりを見て暮らしていた訳ですが
島が見えるぞ~!

隆起した山々が見える。

黒船でやって来た人達は、どんな思いで日本を眺めていたのだろう。


スーツケース等を宅急便で出す人は11時迄に部屋の前にタグを付けて出すように指示されていたので、
朝食後、部屋に戻り、
綺麗に片付け、
最終荷造りを終えて、出す。

お掃除をしてくれていたジョジョさんとも、お別れなので、持参した珈琲やお菓子、サイパンのお土産を付けて、手紙を書いて渡す。
お別れの挨拶をしていると
「サミシイデショウ。。(;_;)」と可愛い返事が返ってきた。

確かにサミシイです。
「お元気で。頑張ってくださいね~」

その後、何もない部屋で、借りていた本を読み終える。
なんだかんだと忙しく動いていたけれど、普段の生活と変わらず、6冊読了。
(携帯が繋がらない事もあり、集中して読めた。)

活字依存症健在。

・10時~ギャラクシーホールにて、大ビンゴ大会。

一等賞には、8月の
「HULA ON ASUKAⅡ」ペアのクルーズ券が当たる。

その他、沢山の賞品が。

エンタメのスタッフは若い人が多いけれど、司会が上手(勉強になります)

・12時~今回最後のお食事。
蟹クリームコロッケを頂く。毎回、手作りのデザートがつくのですがそちらもほんとに美味しかった。

食後、11階のリドカフェで陸地を見ながら、MOGが携帯でナビしてくれて、
現在地を知る。

千葉付近。


今回、船に乗る前に
一日一万歩と目標を決めていたけど、
初日と最終日を抜かし、

トータル・9日で92959万歩♪

ヤッター!目標達成(^O^)/
一日4食も5食も食べていた上に、「痩せる」事が目的ではなかったにも関わらず、帰宅して計ってみたならば、

【3.4キロほど減量!!】

これには、自分でもビックリトル!!

ただ、歩くだけでも、
こんなに効果があるんだって事にもビックリトル!!

愛する人達が暮らす日本を見ながら、
今回の旅を脳内で反芻。

いい旅だった。

素敵な出会いもあり、ほんとにいい旅だったとしみじみ。

おおおっ!横浜が見えてきた!

いよいよ、お別れの時がきた。

甲板に降りると
バンド演奏と共に入港パーティー。

船の中でご親切にして頂いたお客様とご挨拶。

たかが11日間とは言え、毎日、顔を合わせて、色々、お話をしていたので、
やっぱり、寂しい。。

何十年、生きてこようと
お別れの瞬間に、慣れる事はないのだなぁ~。


皆さま、お元気で。
また、どこかでお会い出来ますように。

ほんとにありがとうございましたm(__)m


長い長い旅日記を最後まで、読んでくださり、
ありがとうございました☆

また、このような旅日記が書けるように、一生懸命、頑張って行きます(^O^)/

3月29日☆航海十日目







3月29日☆航海十日目

ドレスコード・フォーマル・終日航海

7時半・起床

8時半~和食の朝食

早起きにも随分、慣れてきた!国内での時差ボケ生活から脱出出来るかも。
淡い期待。

大好きな日本だけど、
船での生活も大好きなのでいよいよ、明日は帰港かと思うと一抹の寂しさも感じたりして、海を見ながら、やや感傷的な気分。

飛鳥と私の気持ちは、今日もいい感じで揺られてます。
さぁー、残りの時間も精一杯、味わおう。

朝食後、いつもの6階ビスタラウンジで、コーヒー、フルーツ&ヨーグルト。

その後、甲板に出てみたら、ザバザバ水飛沫が上がってる。

面白いので、ちょこっと身を乗り出して、船首を覗いたら、頭から、波を被る。
ブハハ。参った参った。

諦めて、船内を歩く。歩く。

途中、ひろみちゃんも合流して、二人で歩く。

一人で歩くのだって、充分に楽しいけれど、二人になると更に楽しい!

何周目かの時、窓の外に突起物発見!!

ん?なんだ?!

二人で目を凝らしても、
正体がわからない。

突如、水平な海にグワ~っと細長い物が。

海の中の観音様のようにも見えるし、一人だけ、イースター島から旅してきたモアイ像のようにも見える。
段々、近付いてきたけど、正体は解らず。

そのうち、船内アナウンスが入るだろう。

とりあえず、また、COCORO*COメンバーにも教えたいと思い(お節介ババ)、みんなの部屋をノックする。
強風の為、甲板には出られない状態なので、ドアにへばり付いて、眺める。


名前は忘れたけれど、
高さ99メートルで島の円周が65キロだったか?

いい漁場みたいで、ダイビングスポットでもあるらしい。

不思議な光景だった!

地球のスイッチみたいだったよ。上から押したら、新しい扉が開かれそう。

・12時~昼食は鰻重。
ごっさんです!

・13時~COCORO*COのChorus教室。

・発声
・祈り
・AMAZING GRACE
・THIS LITTLE LIGHT OF MINE

綺麗な歌声がクラブ2100に響く。
ご参加ありがとうございました☆

・14時~ハリウッドシアターで大至さんの相撲甚句教室に参加。

相撲甚句の歴史なども聞けた上に一緒に歌えて嬉しかった。

苦しい生活の中、歌う事で希望や勇気、活力を見出だしてきたGOSPELにかぶる。
相撲の神様にPOWERを頂き、お返しする…そんな事を感じる。

天と地を繋ぐ歌。

内容は色々らしく、世俗的なものもあるらしいけれど、大至さんの甚句からは、とても神聖なものを感じる。
図書室から借りてた本を返し、また、一冊借りて、部屋で読む。

・17時15分~
キャプテンズ・フェアウェル・パーティー。

今日はフォーマルナイトって事もあり、素敵にドレスアップした皆さんがギャラクシーホールに集う。

華やかです!!

増山船長さんから、ご挨拶があり、その後、優秀な乗務員の表彰式へ。

メイド部門・ウェイター部門・メンテナンス部門などから、四人表彰される。

飛鳥の乗務員さんは、一人残らず、ほんとに感じがいい!
自分の仕事に誇りを持って働いているのが伝わってくる。

食事が美味しいのは当たり前(優秀な調理人が47人も乗ってるんですもの)

海や空や星や鯨やイルカなど、美しく、感動などもありますが

もしかしたら、働いている人達のホスピタリティーに1番感動しているのかもしれないなぁ~とも思います。

私の部屋の清掃を担当していたジョジョさんとのお別れは、うっすら涙さえありましたもの。

ジョジョさんは、体型と言い、目の奥に宿る優しさなど、私ののんちゃんママを彷彿とさせる。
(アウンサン・スーチーさんにも似てる…かな)


ジョジョさん、11日間、
ご親切にありがとうございました☆

夕食を頂いた後は、飛鳥Ⅱプロダクションによる
ミュージカル「ラブトゥダンス」を鑑賞。

揺れる大地でのダンスは大変だろうなぁ。


さあー、荷造りもあるって事で、解散☆

私は、事前にある程度、
荷造りをしていたので、ちょこっと纏めた後に最後の星空鑑賞。

寒い!

寒い日本に帰ってきた事を実感。


借りてた本を最後まで読み、おやすみなさい☆

3月28日☆航海九日目






3月28日☆航海九日目

ドレスコード・カジュアル終日航海

7時半・起床

8時半~和食の朝食

6階のビスタラウンジで、コーヒーとヨーグルトとフルーツを頂く。

10時~「一色伸幸」さんの講演会へ。

テーマ「自分史を書いてみる」

文章のプロの一色さんの話に惹き込まれる。
書くのと話すのは、違う才能が必要なんじゃないかと思うけれど、話も面白い!
ハスキーで素敵な声だ。


今日のお昼ご飯はパス。
初めてのパスだ!

食べないと云う選択もあることを思い出した。オホホ


ご飯の時間をウォーキングに充てる。
歩く。歩く。今日も歩いてます。


13時30分~
飛鳥Ⅱ「春の運動会」へ。
応援だけのつもりが
入り口で鉢巻きを渡されたら、すっかり、その気。

白い鉢巻きを巻いたら、薙刀の先生のようにキリッとしましたよ。

(私とひろみちゃんは白組。PandaとAFRO姉さんは赤組。)

種目は玉ころがし、パン食い競争、玉入れ。

結果は白組の圧勝!!
ヤッター(v^-゜)

皆さん、一生懸命に参加されていて、素敵!!

そうそう、この運動会に参加して、すごいなぁ~と思ったことが一つ。

小学生~70代、80代の方まで、全員がラジオ体操第一に合わせて、一緒に動けるってこと。

普通のことなのかもしれないけれど、なんだかとっても感激した。


昼ご飯を抜いたし、運動会にも参加したから、お腹も空いたって事で、
みんなで11階のリドカフェへ。

海鮮バーガーとコーヒーを注文。

ここで不思議な事が…

海鮮バーガーを待っていると私の背後にウェイターさんが来て、黄色の7の札を私の横に置いた。

ん??なんだべ?

…と思っていると
海鮮バーガーの後、直ぐにザル蕎麦が…。

アハハ。どんだけ食べると思われてるんだろf^_^;

勿論、有り難く、両方残さず頂きました~☆
美味しかった!!


そうこうしているうちに夕食の時間だ。

言い訳をするようですけど、聞いた話によると
何もしてなくても船の中ではお腹が空くらしいのですよ~。うふふ。


って事で夕食も、
今日、初めて頂く食事のように美味しく、ペロッと頂きました~☆


・20時~
楽しみにしていた大至さんのコンサート☆

相撲甚句、イタリア歌曲や日本の歌など取り混ぜながらの45分。
あっという間に終わってしまいました~☆

大至さんの相撲甚句、何度聴いても痺れます。

ダイレクトに胸に届きます。

15歳で親元を離れ、厳しい修行をしながら、相撲甚句に励まされ、相撲甚句を支えに頑張ってきたのだろうなぁと。。

(私も歌があったから、頑張れたもの)

余談ですが
今回、大至さんの四年生になる息子君が一緒に乗船していたのですが、
とにかく、礼儀正しく、元気で明るく真っすぐな息子君にCOCORO*COはメロメロでした♪


大至さんのマワシの前で写真を写していると
たまたま、通りかかった息子君がササッとやって来て「シャッター押しましょうか?」って。

さりげない細やかな心遣いまで出来る息子君を見ていると「日本の将来が楽しみだなぁ~」って。

素敵な息子君を見ていると素敵な両親に深い愛情いっぱいもらってるんだなぁ~なんて事も感じました☆

今日もいい夜だ。


今日のシメに11階のリドカフェでコーヒーを飲んで、また、甲板を歩いて星空をチラッと眺めて今日も終わり。

今日もいい一日でした☆

おやすみなさい☆

3月27日☆航海八日目







3月27日☆航海八日目

・ドレスコード・インフォーマル

7時~サイパン出港

早起きして、キュンとする感情を味わいながら、離れていくサイパンを見つつ、「さようなら、サイパン。。」とかやるかと思いきや、そんな事はなく、

いつも通り、7時半起床。
サイパンからの航路は揺れます。この航路の風物詩です。
なんて船長さんのお話の通り、結構揺れてます。

でも、大丈夫!!
揺れを楽しむ余裕さえあります。ピース!

・8時半~和食の朝食。

(記憶が段々、曖昧になってきたぞ。ヤバい。早くに書き終わらないとなぁ~☆)

朝食後、6階のビスタラウンジでコーヒーとフルーツとヨーグルトを頂く。

一旦、解散して、図書室で本を借りて、お昼まで読む。
・12時~三色そぼろ丼

その後、場所をメイン会場となるギャラクシーに移動し、音響と照明合わせのリハーサル。

いい感じだ!

その後、今回のショーの為に購入した衣装合わせをMOGの部屋で。

新しい衣装の名前は
「ニュー☆ピチピチ」
名前の通り、揃いも揃ってピチピチなのよ。

私などは、ピチピチな上に丈が短く、チャレンジャーな気分だ。(みんなに合わせるとそうなるのだ。)

衣装合わせも終わり、解散。
お昼寝するものあり、洗濯するものあり、それぞれの午後。


私は、少し甲板を歩こうと外に出てみたならば、半端ない風に煽られる。

向かい風もキツイが
追い風だってなかなかキツイ。
(まるで人生のようだ。向かい風には、チャレンジャーのように頭を低くし、果敢に臨むが…追い風は追い風で追い風を受けて調子に乗ってると足を取られそうになる。大事な事は、地に足を付けて、ドッシリとだな。)


台風中継のアナウンサーみたいな顔になりながら、
二周で諦め、自分の部屋のある七階の通路を回遊魚のように12周。


そう、今晩はCOCORO*COのメインショーがあるので、夜は歩けないだろう。
そうするってーと、目標の10000歩に辿り着けなくなるってんで、昼間のうちにモクモクと歩きました。


キリのいい所で切り上げて、部屋に戻り、シャワーを浴びて、ステージの準備。
ドアがノックされ、サンドイッチの軽食が届けられる。(一人前は多かったのでひろみちゃんと分け合う)

☆20時~いよいよ、ショーの始まり。
結構揺れてるし、二日続けての寄港で、皆さん疲れてるのではないかな?と心配もしましたが沢山のお客様が来て下さり、自画自賛だけど、集中力のあるいいコンサートが出来た!と思う。
照明のPandaさんの愛情溢れる照明にも感激しました。


コンサートを聴いて下さった沢山の方から、沢山のお褒めの言葉も頂けたので、独りよがりではなかったようだ。ヨッシャ!!


(このステージで、私の中に無数あるであろう薄い壁がボコッと剥がれた。薄い壁だとしても、これは手応えとしても大きな一枚だったの。自分がこさえてしまってた枠がちょっとだけ広がった。ヤッター!)


ステージが終わり、
みんな揃って、メインダイニングでコース料理を頂く☆しあわせだ!


食事も終わり、このまま、部屋に帰るにはもったいない気分だったので、
COCORO*CO+ひろみちゃんで11階のリドカフェへ。

窓に映るお月様が神秘的でとっても綺麗だった。

いい夜だ。

HAL&MOGは着替えて、星空ツアーしようと甲板に出てみた。

そうしたら、
「あれっ??真っ赤な三日月型のお月様が目線よりも下。水平線くらいにある。えっ??見下ろすお月様はこの人生の中で一度も観た事がない。しかも紅い月だよ~~」

興奮した私は、廊下を静かに走り、みんなの部屋をノックした。

とにかく、早く甲板にきて~。沈んじゃう。早く…早く。


残念な事にPandaはパソコンルームに居て、一緒に見る事は出来なかったけど、AFRO姉さんとひろみちゃんは急に呼び出されたけれど、ササッと準備して一緒に見る事が出来た。


ほんの短い時間だったけど、水平線に消えてゆく紅いお月様を四人で見る事が出来た。

この地球上には、自分の観念を軽々と覆す素敵な瞬間が沢山あるんだろうなぁ~。

だって、お月様は子供の頃から、見上げるもんだと思ってたもの。


感動した四人は、場所を移動して、船首の8階のデッキへ(私達が知ってる中で1番暗く、星が綺麗に見える場所)

到着して直ぐに、AFRO姉さんとひろみちゃんがキャーキャー言いながら、抱き合った。

初めて観た流れ星に大興奮の二人。

その後、三つの星が流れた。
ひろみちゃんは四つとも観られた。良かった良かった(^O^)

私は一つだったけど、
お父さんのような気持ちで嬉しくなった。


首が痛くなるほど、
満天の星空を静かに眺め、船が海を分けながら進む音、風の音を聴く。

地震、放射能など混乱の日本を思う。

船内では、意欲的に動き回っていたので、進めども変わらない満天の星空を四人でくっついて眺めてたら、暫し静かな瞑想状態になったのかも。

忘れられない夜になりました☆☆☆


部屋に戻り、湯舟にお湯を貯め、浸かりながら、
先程観た星空を思い出して静かな夜は更けて行きました。

ちょこっと本を読んで、

おやすみなさい☆

3月26日☆航海七日目/サイパンⅡ










3月26日☆航海七日目/サイパンⅡ

・午前9時 サイパン入港
日本との時差1時間。

ワクワクしていたからなのか?目覚まし時計よりも早くに目覚める。

8時30分~和食の朝食

10時出発の無料送迎シャトルバスに乗って、サイパンの1番賑やかな所へ。

加藤実さんはスキューバダイビングが趣味と言う事で単独で潜りに。
(合流した時に聴いた話によるとそれはそれは綺麗だったらしい)



私達五人は(COCORO*COとひろみちゃん)
今日もノープラン。

私とMOG以外は海で泳ぐ。
海に着く前にPandaが水着を買うって事で、ABCストアー付近の韓国人が経営するお店へ。


ここがビックリするくらいに強気なお姉さんのお店で、終わってしまえば笑い話だけど、、。
とにかく、日本では考えられないくらいの接客態度。
私などは、あまりのビックリに開いた口を閉じる事さえ忘れそうになった。


その後、暫くプラプラと歩き、懲りずに洋服など売っているお店へ。

んん?!

新たに入った二軒も韓国人のおっかないお姉さんのお店だった。


あとから、我々一行はお姉さん達の話でしこたま笑う事になるので、話題を提供してくれた事に感謝しよう。
自分一人だったら、泣いてたかも。。f^_^;


さんざっぱら、笑いながら、第一ホテルだったホテル内から、海へ。

お天気に恵まれた事もあるとは思うけれど、
波打際の海水の透明度に
心惹かれ、何度もシャッターをきる。

あまりの海の美しさに
無意識のうちに「ふぁ~うわぁ~」と声が出る。

今日もまた、靴を脱ぎ、靴下を脱いでパンツをまくり、チャバチャバと海に入る。

あ~気持ちいい!!


海を知らない国で育つ子供に、海の美しさを伝える事は私には出来ないなぁ~。

地球に生まれた全ての人がこの海のように美しい海を見る機会が訪れたら、いいのになぁ~。

なんて事を思いながら、
チャバチャバ…チャバチャバ。


話は変わるけれど、
私は早々とチャバチャバから引き上げて、ホテルの売店でジュースを買い、MOGの待つ日陰へ。

そうそう、売店の地元のお姉さんと少し話して、
このホテルが昔は第一ホテルだったって事を聞き、
24年前に隣のホテルで働いてたんだよと伝える。

その時、エミー・カイパットさんにとっても親切にして貰ったんだけど、あなたはエミーさんを知ってる?と尋ねてみた。

「あらっ、そうなの?エミーでしょ?知ってるよ!暫く会ってないけど、元気だと思うよ~。またね~」


その後、タクシーの運転手さんにも聞いたけど、知ってるって。

人口の少ない島ではあるけれど、サイパンの有名人なのかな?

まあー、とにかく、元気でいるらしい!!

地元の人から、元気でいる事を聞けただけで…それだけで満足だった。


それからは、サイパンに着いてから見てた空や海の色がグッと優しい色を帯びたようにさえ、感じたのよ。

面白いもんだね。

心が見ている色まで変えてしまうんだもの。



さあー、そろそろ、海で泳ぐ三人を呼びに行こう。

子供のように、幸せな顔した三人が青い海をバックにキラキラしてた。

お腹が空いた!って事で、ホテル付近の金八って云う日本料理店へ。

たらふく食べ満足して、ABCストアーへ。

また、無料送迎シャトルに乗り、一旦、飛鳥に戻り、シャワーを浴び、着替えて再びバスに乗り、ホテルへ。

今晩は飛鳥からのご招待、「サイパン・サンセットディナー」

夕陽を見ながら、サイパンのミュージシャンに寄るバンド演奏、タヒチアンダンス?ファイアーダンス?を見ながら、チャモロ料理を頂く。

業務乗船とは言え、
ほんとに至れり尽くせりで、有り難いなぁと…海に沈む夕陽を見ながら、お皿に山盛り乗せたお料理を見ながら、心の中で手を合わせる思いです。

その後、ホテルに戻り、
着替えて、停泊中の飛鳥の看板をひたすら歩く。


山の上に建つお家の灯りを眺めながら、今回も会えなかったけど(20年位前にボランティアで日本の子供達を連れて来ている)
元気で暮らしてる事がわかって、嬉しかったなぁ。

この島に我が心の師匠がいるってだけで、疲れも吹き飛び、この日は19000歩近く歩きました~!


部屋に戻り、シャワーを浴びて、図書室で借りた本を読んでるうちに眠ってた。
おやすみなさい☆

3月26日☆航海七日目/サイパン






3月26日☆航海七日目/サイパン

・ドレスコード・カジュアル


昨日のグアムに引き続き、今日は第二の寄港。

今回のクルーズの最終寄港地サイパン着岸。
(最終って言っても二カ所ですけどね。うふ)

さて、サイパンでの一日を書く前に、私のサイパンでの思い出を振り返ってみようかと思います。


振り返る事、24年前。

歌手として生きて行く!と固い決意を胸に上京してきたけれど、音楽で収入を得る事など出来ずに、アルバイトやストリートミュージシャンとしてやバンド活動を一生懸命にしていた21歳の事。


半蔵門のホテルのベーカーでパンやケーキ作りで採用され、可愛がって貰っていたのですが季節が巡り、
新入社員が入ってくる事になり、途方に暮れてた時の事。


ホテル内の清掃やベッドメーキングの手配をしている会社の社長がぜひ、来て欲しい!!と。

先が決まってなかったので、渡りに船と感謝して働かせて頂く事にしました。

最初の配属先は、ホテル内のトイレ清掃係。

世間知らずな上に若かった事もあり、
「なんで東京に来て、トイレ掃除なんてしているんだろ?」とおじさんが入った後のトイレ掃除をしながら、ポロポロと涙が出たりして。。


そんな時、脳内にハッキリと言葉でメッセージが来ました。

「プライドは捨てなさい。誇りは持ちなさい!!」

ハッとしました。

(特に20代は、苦しかったからか?沢山の言葉のメッセージを受け取っておりましたのよ。)


それから、心を入れ替えて、誰にも出来ないくらいにトイレをピカピカにしようって。

毎日、歌いながら、楽しく楽しく働いてました。

そうしたならば、そんな私を見てくれてる人がいたのですよ。

サイパンに新しく出来たホテルで、スーパーバイザーをしていて体調を崩し、日本に帰国してた女性が。。

ある日、社長に呼ばれ、
サイパンの営業所のスーパーバイザー代理で2~3年サイパンに行って欲しいと。
歌手の夢は??
悩みましたが…この経験が私の歌の深みになる!と判断し、行く事に。

先ずは労働ビザを取る手続き等に時間が掛かるだろうから、とりあえず、行って様子をみて来てご覧ってことで、一ヶ月半。

チャモロ人、タイ人、フィリピン人と一緒に生活しながら、朝から晩まで働きました。

英語もちんぷんかんぷんな私が営業所所長代理ですから、30人くらい居た従業員もさぞ困った事でしょうね。


でも、皆さん、一生懸命だけが取り柄の若い私を一生懸命にサポートしてくれました。

その中でも、外国人労働者のリーダーだったエミー・カイパットさんの優しさは並じゃなかった。

私に無償の愛の尊さを身を持って教えてくれました。(一つひとつの心遣いを思い出すと今でも涙が出ます)

24年経った今でも、
彼女の写真をキッチンに飾ってあるほど。



思い出すだけで今でも胸が熱くなる…エミーが暮らすサイパンにやって来ました~!

前日の晩から、エミーとの数々の思い出が若い頃の私の姿と共に鮮やかに蘇ってきてました。


18歳で親元を離れ、
ど田舎育ちの娘が
夢だけを胸に慣れない都会の暮らしに虚勢を張って生きていた時、
あまり言葉も通じてないにも関わらず、
姉のように母のように
全身でまるごと抱きしめてくれたエミーさん。


そんなエミーと私の最後の日に、お別れの言葉はありませんでした。。


会長にエミーとちゃんとお別れがしたいと告げるとエミーの自宅まで連れて行ってくれました。


…がご主人が出て来て、
「エミーが泣いてる。
今、お別れをしたら、ほんとに会えなくなりそうだから、今は会わないって言ってる」って。

「分かった!直ぐに戻って来るからね。」とご主人とかたく握手を交わし、空港へ。


その後、帰国し、ビザの手配など色々動いたけれど、労働ビザが下りず、私がサイパンで働く機会は、夢のように消えました。


24年も前の話だけど、
今でも鮮やかな美しい映像が見えます。


早朝から夜まで、または深夜から朝まで、
いつも二人一緒に働いていたのもあるのかも(^O^)


そうそう、エミーの最初の印象は、迫力がありすぎて、ブルブル震えながら、握手したのですよ。

(チャモロ人のエミーは、身体が私の二倍で、目が三倍!口の中が痺れて気持ちいいらしい葉っぱをいつも噛んでいるので、歯が真っ赤だった)


見掛けで人は判断出来ないものですね(^O^)


あらまっ、今回のサイパン滞在日記を書くには、長くなりすぎたので、一旦、ここでしめま~す。

あ~私の青春の美しき思い出なり。。


…つづく…

3月25日☆航海六日目










3月25日☆航海六日目
ドレスコード・カジュアル

いよいよ、このクルーズの最初の寄港地に着岸。

私にとっては21番目となる初めての土地、グアム。

日本との時差は一時間。

・7時 グアム入港

先ずは朝食後、
グアム入国(対面)審査へ。
私の担当者は黒人男性。

いきなり、ナンパだよ~。(アハハ。久しぶり)

「グアムは初めて?結婚してるの??僕と結婚してグアムに住まない??あっ!そう。ではグアムを楽しんでね~。ば~い(^_-)-☆」
いろんな国で入国審査してきたけど、1番緩かったかも。

審査も無事終了し、いよいよ、飛鳥から市街地へ向かうバスに乗り込む。

我々一行は(COCORO*CO、ピアニストの加藤実さん、博美ちゃん)グアム観光ノープラン。

とりあえず、海に行こう!ってことになり、
勘を頼りに浜辺へ。

うわっ!めちゃめちゃ綺麗な青い海です!


あまりに美しい青い海を見たなら、我慢出来ず、日本から連れて来てた寒さや靴や靴下を脱いで、パンツをまくって、バシャバシャと海へ。。

気持ちいい~!!

久しぶりの海にテンションがぐわ~っと上がりました☆

その後、グアムの海の家で飲み物を飲みながら、
ボーッと海を眺める。

そろそろ、お腹が空いたね。昼食にしよう。
シーフードかな?なんて言ってたのに注文したのは、チョボッとシーフードも付いてるステーキランチ。

ステーキを切る。
…なんて生易しい感じではなく、ぶった切る。
Pandaに至っては、自分では切れなかったので、私が代わりにぶった切りましたわよ。オホホ。


さぁー、お腹も満足過ぎるほど一杯になったので、
ABCストアーでお土産でも買って、一旦、船に戻りましょう!
ってことで、無料送迎のシャトルバスに乗って、飛鳥へ。

(観光シーズンだったのか?私達が歩いた場所は日本人ばかりなり!ここは日本か?ってほど。。勿論、その中には自分も含まれてるけれど。)


久しぶりに暑い中、歩いたので汗を沢山かきますた。
飛鳥でシャワーを浴び、着替えを済ませて、
再び、無料送迎シャトルバスに乗って、夜のグアムの街へ。

今夜はなんと飛鳥のお客様全員招待の
「サウンドキャッスル」へ。
タイトルは「夢」

これがまた、凄いのなんの!!!
ライオンは出て来るわ、
バイクや車が飛び出すわ、雑技団だわ、美女軍団だわ、少林寺だわ、ヒィーだわ、ハァーだわ、、
胸が高鳴りっぱなし。

あと三回でも四回でも観たいくらい。

人間の知性と肉体の可能性の観念がグラグラでしたわよ~☆

観てる時はただただ、感動してましたが
あとから後から、感じるだけじゃなく、考えることも出て来ました。

いいステージを観せて頂き、ありがとうございました!!

これは今思い出しても、
ハッキリクッキリ脳裏に焼き付いています。

すっかりテンションも上がったわしら一行、また、バスに揺られて飛鳥へ。


あまりにテンションが上がった為か?この後の事は記憶にないですわ。

脳内の容量がいっぱいになったのかもしれませんf^_^;

多分、目標達成の為に夜のウォーキングを24時くらいまでやったかも。。


さぁー、いよいよ、
明日は私にとって、思い出の地☆無償の愛の人、チャモロ人のエミーが暮らすサイパンへ。


ドキがムネムネして、
ベッドに入っても眠れないかも?なんて思ったけど、そんな事はなく、あっという間に深い眠りへ。

おやすみなさ~い(^O^)
プロフィール

ゴスペルシンガーHAL

Author:ゴスペルシンガーHAL
ゴスペルシンガー、
ボイストレーナー。
個性派ボーカルグループ「COCORO*CO」や「ビックリトル」で活躍中。数多くのグループにゴスペルも指導。国境なき楽団・海を渡る風のプロジェクトリーダー。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード