騙されもしない…私。

20071129182758
鍋焼うどん
栗ご飯
茶碗蒸し

大好きな三点セットを晩ご飯に選び、食べていると20年前の可愛い私を思い出した。

北海道の大家族から離れて、初めての一人暮らしをし始めたある日の事。

聞き覚えのない若い男からの電話を取った。

妙に優しげで馴れ馴れしいほど、私の名前を呼ぶ男。

暇だったのか?
それとも慣れない一人暮らしで寂しかったのか?
顔も知らない若い男と長電話。

どうやら、着物のセールスをしているようで、騙されるかも?と思いながら、会う事になった。

お家の近くまで外車に乗って迎えにきた。
背が高く品のいいハンサムなお兄さんだった。

年の頃、30歳前後か…

今の私じゃ、考えられないけど、私も車に乗り込んだ。
話が上手で女性の扱いになれてる感じ。

着いたよ!と車から降ろされると着物の問屋さんのような場所。

私はお金がないので買えませんよ!と云うと
「買わなくてもいいから、好きな着物があったら、試着してごらんよ」
と云う。

私の実家ではお正月に着物で過ごしていたので
着物は大好きだった。

嬉しくなって、着せてもらうと
「その柄はすごく似合うね~!この中でも高いのを選んだね。見る目があるよ!」なんて、笑顔で云う。
私の心に警告の鐘がなった。カーンカーンカーン

でも、その時、お兄さんが
「十分、楽しんだかな~?」

「久しぶりに着物が着れて嬉しかったよ!」 と私が言うと

「じゃ~、帰ろうか?」

ぇえ?拍子抜けしたけど、助かったと思いながら、お兄さんの車に乗った。

車に乗るとお食事をご馳走するから、なんでも好きな物を言ってごらん!と言う。

フランス料理でもイタリア料理でもなんでもいいよ!

「私、美味しい鍋焼うどんが食べたいな~」

「君は本当に欲がないな~。お兄さんは君に着物を売りつけようと思ったけど、あまりに純朴すぎてさ…。東京には悪い人が沢山いるから、騙されないように気を付けるんだよ!」

って私の事を心底、心配そうな顔をして、明るくお説教して、食事の後、私のお家まで送ってくれて、さようならしました。

鍋焼うどんを食べる度に悪い人になりきれない品のいいお兄さんを思い出します。

あのお兄さんは
もしかしたら、あの後、職をかえたかもね~。
スポンサーサイト

葛藤と苦悩の日々…のその先は?

20071129003037
昔、読んだ智慧の本に
「よく生きるとは、よく忘れる事だ!」

…と書いてあった。
若い私には、その意味を理解するには頭で考える事しか出来なかった。

それがなんと最近では、意識もせずに出来ていた事に驚きを隠せない。

と云うのも
ここ数年はお気楽に生きていて、比較的いつもいつも楽しい事の方が多く、若い時もそうだったような気がしていた。

…が最近、20代半ばから30代半ばまでの日々の生活を自由な詩の形で書き綴ってた「しろい本」を読み直した。

その中身は

歌う事について
声について
音楽について
神様への愛について
生きる事について
躓きについて
愛する事について

自分の感じた事を
飾らずに自由に書いてた。

40代になった自分があらためて、読み直すと…

なぁ~んだ!

葛藤と苦悩の中で日々、進むべく道を模索しているじゃないのさ~。

歌う事や喉や声
言葉の温度を歌に乗せるには…とか
切実なほどに向き合ってたわ。

歌手として理想とする自分のあり方、生き方、そして、その時点での等身大の自分。

人とは比べず

過去の自分から見た今の自分

今の自分から理想とする未来の自分。

過去・今・未来

この三点を見つめながら、苦悩と葛藤。
すっかり忘れてた~。

若い時の方が確実に頭を使ってたようだ。

どうして?
どうしたら?
どうすれば、どうなる?

答えをいつも探してたな~。

また、この先、今考えてる事を忘れそうなので
久しぶりに新しいノートを持ち歩き、日々、考えてる事を書き留めておこう!と思いました。

50代になった自分は今の自分が書いたことを見て
何を思うのだろう。

末永くおしあわせに!!

20071127021454
20071127021452
日曜日、
目黒の素敵な式場にて
可愛い可愛い生徒さんの結婚式で歌って来ました。

まぁ~、新郎新婦の似合う事!

2人の持つ空気感がよく似てた(^-^)

夫婦は似てくるのか?
似てる人を選ぶのか?

明るくハッピーなエネルギー溢れるいい結婚式でした(^-^)

おめでとう!!
末永くおしあわせにね。

余談ですが
以前、同じクワイヤーのメンバーの結婚式でも歌った事があり、その時に私のファンになってくれたお客さんが今回もいて、その人とメンバーのやり取りが面白かった!

宴もたけなわ、いよいよ、私達が歌う番になり、クワイヤーメンバーが私よりも一足先に定位置に着いた。

私が到着すると

「本物は後から来ますから~」(^-^)
って聞こえてきた。

ん??なんだろー?

…と思ったら、どうやら、こじかちゃんが私と間違われたらしい。

以前から親子に間違われてきたけど、
ついに私と間違う人も現れたか…。
うふふふふふ。 替え玉作戦使えるかしら~。

それにしても

私がこじかちゃんに間違われる事がないのはなぜだ??

本物に触れると涙だ出るだよ

20071125111655
20071125111653
http://jp.youtube.com/watch?v=0dNOufVW0Jo

ポールさんは。。。。
イギリスで携帯電話ショップの店員さんをなさっていた方です。

会場や審査員の方達は、彼の風貌から 彼の登場をとても冷ややかな視線で見ていました。

ナレーター
「次の方は、ショウビズ(芸能界)からとっても遠い所、サウスウェールズ(地名ウェールズ)より!ポールです。携帯電話ショップの店員です。」

ポール
「日々、携帯電話屋で働き。。。僕の夢は。。。僕の人生は、何をするためって思いながら過ごすこと。。」

「いつも、歌のキャリアが欲しかったよ。いつも、それは、とても難しかった。」

審査員の一人アマンダ(女性)が 見下したような視線を投げ掛けながら

アマンダ
「ポール。今日はここに何しにきたの。。。。」
っと 冷たく突き放したように彼に問いかけました。

ポールは、一言
「オペラを歌いに。。。」

アメリカ/イギリスのタレント発掘のオーディション番組でも審査員をし、その辛口な批評が評判のサイモン(スパイスガールズをこの世にだした。)これまた冷たい感じで。。。(審査員右の男性)

サイモン
「準備が良かったらどうぞ。。。」
みたいな感じで 始めるように促しました。

伴奏が始まり。。。
彼が歌い出しました。。。それは、 テノールの美しい歌声でした。

途端に それまでとても冷ややかだった観客や審査員の雰囲気がガラリと変わりました。

観客席からの喝采。 審査員たちが驚く顔。

ポールのパフォーマンスが終わった後の審査員たちは。。。
サイモン
「君って携帯電話ショップで働いているんだよね?」
「それでこんなすごいの?こんなにすごいと思わなかったよ~」
「 You were absolutly fantastic.キミってちょースゲー!!」

左の審査員男性
「 You have an incredible voice. キミの声はマジすばらしい!!」
「このまま、歌い続ければ、君は、このコンテストの中で僕の一番だろう。」

アマンダ
「 I think we have a case of a little lump of coal here that is going to turn into a diamond. 」
(ちょっと乱暴な翻訳になっちゃいますが)
「ダイアモンドになる可能性を見つけたって感じ。」 

彼が舞台から去った後に
アマンダ
「鳥肌たっちゃった。。」

さらに、ビデオの最後の方では 
アマンダ
「カエルが王子様になった。」っと大絶賛。

幼いころから個性的な外見のせいで、
周囲からいじめられ続け劣等感を持っていた
そんな彼は歌を歌うことで悲しみを晴らしていた

「歌声が、ずっと私の親友で
 自分の気持ちが沈んでいるときに、 私の歌声がいつも支えてくれている」
とポール・ポッツさんは語る
   MR PAUL POTTS 
  
10歳から孤独の中、教会で歌い始める
成人後も携帯電話の販売員などをしながら、
独学でオペラを学びアマチュアオペラを続けたが
主に外見的な理由でオーディションは落選の連続
しかし、決して!あきらめていなかった!! 

2007年6月イギリスの、あるオーディション番組にて
荒川静香選手のフィギィアスケートの曲として
日本でも有名になった
プッチーニの名曲オペラ「トゥーランドット」の中の

「誰も寝てはならぬ」を大熱唱

誰も期待していなかったのに.....
完璧な歌声!!は大衆に深い感銘を与え
賞金とレコード契約
(デビュー「ONE CHANCE」)を獲得し、
12月に英女王の前で熱唄の機会も得る

My dream is to spend my life doing
 what I feel what I was born to do.

「僕の夢は
 何の為に生まれたのかと感じる人生を
            送ることなんだ!」
   

★たまたま、訪れたポプラさんが管理人をしているコミュニティーの動画を見たら、じわぁ~~と涙が溢れた。

この動画の中から溢れる教えに胸が熱くなったよ。
もちろん、ポールさんの歌声の素晴らしさにも…。

ポプラさんにメッセージを送り、転載希望を伝えるとすぐに気持ちのいいお返事を頂いた。

ありがとうです!

たくさんの人にポールさんの歌声が伝えりますように(^-^)

寝た寝た寝たよ~。

20071124165131
負けちゃいられない!と気合いを入れてみたものの…風邪菌に身体を占領された~。

私の風邪に負けなかった長年の記録が昨年からボロボロ。

たまに何も予定のないお休みを取ると
こんな事になるんだよね~。

働いてるのが性にあってるんだろうな~。

忙しい!忙しい!って動き回ってる方が元気だったりして。

観念して何もせずに
寝てばかりの1日を過ごした。

貧乏性で何もしない1日に罪悪感さえ、感じちゃう情けない私。

でも、ビックリする程
眠れたよ~。

キライな薬も真面目に飲んだし、ビタミン剤やその他、元気出るものを手当たり次第に飲んだら、すっかり元気!!

健康のありがたみを再確認する必要があったのね。

明日は元気に生徒さんの晴れの結婚式で歌えるわ(^-^)

皆さんも風邪菌に誘惑されないように十分に気をつけてね!!

ペシペシと叩いて
風邪菌退散!!

たいさ~ん!ペシペシ!

あなたのお名前は…?

20071123140122
20071123140120
先週の事

喜びに満ち溢れた
可愛い可愛いメールが
私の携帯に届いた。

はるさんーーーー!!!!!!大学に受かったーーーー!!!!!!!!

ぉお!よかったね~。

よっぽど嬉しかったんだろうな~(^-^)

名前が書いてないし、
初めて私にメールをくれた子で誰かわからない。(メルアド替えたのかな~)

でも、私と喜びを共有したかったんだな~と思ったら、嬉しくなって…

合格おめでとうーーー!!!!!!!!

ってメールを返したの。
そうしたら、

ありがとうございます。
って丁寧で誠実な返信が返ってきたの(^-^)
でもやっぱり名前が書いてなくて、今頃聞くのもわるいような気がするし(^^;)

あ~、頑張ったのね~!可愛いな~〓〓〓

ってここまで書いたら
やっぱり誰か知りたいわ。
今度会ったら、骨が折れるほど、ハグしてあげたいもの!

もし、これを読んでたら俺だよ~!でも
あたしだよ~!でもいいから、メールください。
メールが来なかったら、勇気を出してメールしてみようっと(^-^)

あ~、だから今夜だけは…

20071121173100
あ~やばい!
風邪菌に身体を占領されそうだ。
譲ってなるものか!

ふぅえ~ズルズル~。
一層の事、私のおはなから、わるいもの全部出てくださ~い。

…と花水と格闘しながら、買ったけど、まだ、聴いてなかった「チューリップ」のベスト盤を聴いた。

世代的にあまり縁のなかったチューリップですが
凄いね~。

心の旅がこんなに明るく歌われてたなんて…

♪あ~だから今夜だけは君を抱いていたい

明日の今頃は汽車に乗っちゃって、離れ離れになるのに…
こんなに明るく歌われていたなんて…

他の曲も
なんとも素朴な歌詞で
覚えやすいメロディーがいいのよ~(TOT)

なんて、健全でいい時代だったんだろう!!

シンプルでいいな~。

明るくていいな~。

昭和を懐かしんでるわ。
風邪気味の弱った身体に優しい歌だわ。

あぁ、もしもし、聞こえる??

20071121044902
もしもし、
聞こえる??

いや~ 急に寒くなってきましたね~。

風邪なんかひいてないですか?
あったかい格好して、身体を冷やさないようにね。

えっ、あたしですか?

本屋さんに行く時間がなくて、若い頃に読んだ本をまた、読み直したりしてますよ。

涙は心の汗っていいますものね~。
普段、あまり泣く事はないんですけどね。
あっ、汗の量は日本一なんですけどね…あはは

読んだ本はね、
伊藤左千夫の
「野菊の墓」をね~、半身浴しながら読みましたよ。

遠い昔に二回は読んだと思うんですが
新鮮な気持ちで読みました。

えっ?あっ、そうそう。
やっぱり!!

私もおんなじ所で泣けましたよ~。

日本も随分、開かれて自由になりましたね~。
友達だった人達が恋に落ちていく瞬間のもどかしさややるせなさ・切なさが…なんとも…いい色合いなんですよね~

あまりにも切ないんですけどね…

いや~、泣くとすっきりしますね~。

うん、そうですよね~

すごーく久しぶりに三浦綾子さんの塩狩峠、読もうかな~。

そうそう、22年前くらいに読んだんですよ。

電車の中では読んじゃいけない本ですよね~。

周りの人が心配するくらいに電車の中で号泣しちゃいましたもの。

やっぱり、バスタオル用意した方が いいですよね?

はーい!そうします。
じゃ~、また、電話しま~す!

★この写真を見てたら
こんな会話が聞こえてきました~。
…な訳ないない。

ところで、さよならする時の「じゃ~」ってどこからやってきた言葉なんだろー?

よく考えたら、電気ジャーのジャーと同じくらいおかしいね。

じゃ~(せばね~・したっけね~・んだらばね~)

しあわせのしあわせ

200711181233402
20071118123340
20071118123338
昨日、1日があっという間に過ぎて行きました。

11歳のお誕生日ライブが無事に終わりました。

そこはたくさんの人達の愛が集結した素晴らしいエネルギーの場となり
ステージ上にいる私達を照らし、輝かせてくれました。

才能溢れるミュージシャン

いたるところに細やかな心くばりをしてくれているスタッフの皆さん

最高の音響さん、照明さん

スィートベイジルの皆さん

そして、来てくださった皆さん

遠くから応援メッセージをくださった皆さん

ステージに上がる舞台袖から感謝の気持ちでいっぱいになりました。

上がりすぎてるテンションが落ちる事なく最後まで行けたのは
乗せ上手な会場の皆さんの強力なあったかーいエネルギーの成せる技だったと思います。
いつもより、自然と身体も派手に動き、気付いたら、ガンガンにジャンプまでしていて、空中にいる一瞬、マサイの戦士のような気がしました~。

(って、実際はそんなに飛んでないのかもしれないんだけどね(^^;))

昨年のライブの後には、踊り過ぎて、障害のある左足がまったく動かない状態になり、残念な事に打ち上げに参加出来ず、帰宅したので、今年はそんな事にならないようにライブ前から歩いたりしたんだけど…

やっぱり腰から下が同じ状態になり、あえなく不参加。

でも、やっぱりライブで全エネルギーを出し切る事の方がいいな~(*^.^*)

今回のライブを終えて
自分の中でしっかり反省し(真面目さが取り得さ)
目標設定が定まった。

昨夜は自分のやるべき事を考えたら、テンションがぐぐっと上がって眠れなかった。

1つが終わると
1つが始まる

終わった後には、
これからの自分に期待する自分に出会えたライブでもありましたー!

心の中の小さな炎を燃やす追い風を感じたよ!

あたしゃやるよ!!
って、小鼻が広がってます。

皆さん、本当にありがとうございました。

愛と感謝を込めて。

18日
晴天なり。

鳴り響く太鼓

20071116123335
20071116123333

今朝、目覚めた時から

心の中で

太鼓の音が鳴り響く

身体の力を抜き

太鼓のリズムに身を任せる

私の溢れ出る想いを

太鼓のリズムに乗せて

ただただ踊ればいい

なぜなら

それは

生命の音

生命のリズムだから

聴いてくれる人

遠くから応援してくれる人の

生命のリズムと呼吸を合わせ

躍動する生命の音を

繋ぎ合わせればいい

高鳴るままに
声に乗せればいい

今日は11歳の誕生日

何もなかった訳じゃない

山や谷を

何度も離れそうになる手を
繋ぎ続ける努力をしてきたから、今日がある。

そして、どんな時も
応援してくれたみんながいてくれたから
今日がある。

ありがとう。

心から感謝しています。

地上の天使たち

20071115160518
20071115160517
泣けたー。
久しぶりに本を読んで、泣けちゃったよー。

一時は活字依存症状態にあり、多い時には、ひと月15冊も読んだりしてたけど、最近ではめっきり本を読む時間も作れずにいた…けど…。

★地上の天使たち
本当にあった動物たちの無償の愛の物語

著者ステファニー・ラランド

先日の新潟ツアーの楽屋で本番までの空いてる時間に読んでたら、ねこちゃんの話に涙が止まらず…

はるちゃん、どうしたの?
って言うメンバーに、
これこれこうでこんな事があったらしいよ~!と口頭で説明すると
私の下手な話を聞いたパンダとかつみちゃんがせっかく、メークしてる途中なのに号泣。

子どもと動物と年寄りの話に滅法弱いメンバーなのであった。

人間社会となんら変わらない愛の世界がそこにもあるのよね~。

子どもたちにも読んで聞かせたい一冊。

写真のねこちゃんは
私の借りている駐車場の横で気持ちよく日向ぼっこにうつらうつらしているところ。

バイクを移動しようとしたら

「あ~あ、気持ちよく寝てたのにな…あたしが動かなきゃいけないの?」 って言った声が聞こえたような…。

エフエム世田谷に行ってきたよ!

20071114183655
昨日のガハハ中野区探索に引き続き、今日はかつみちゃんと一緒にエフエム世田谷へ。

お喋りがあまり得意じゃない2人の組み合わせは初めての事。

オンエア前の控え室から、既に2人のテンションは可笑しな事に…。

「オープンサロン834」

パーソナリティは
以前にもラジオでお会いした事のある・
ひのきしんじさん(優しい人柄)と
宮永明子さん(この人は道産子でなんと私の小学校のクラスメートの親戚だった!)

話しやすい雰囲気の中
可笑しなテンションのかつみとはる。

2人で話してるところを客観的に見たかったな~。

今回のラジオを紹介してくれた楽工房の西山社長には、「良かったよ!」 と言ってもらえたので
顔を潰さずに済んで一安心!!

皆様、お世話になりました。

ラジオが終わった後は
西山社長とかつみちゃんと三人でランチを食べました~。

その後、新幹線の時間まで間があるので
またしても、かつみちゃんと2人でガハハってしながら、渋谷で衣装探しの旅へ。

今日もまた、いつか着る機会が来るかもしれない赤いロングドレスを購入。

何やってんだか私は(^^;)

さぁ~いよいよ、ライブもカウントダウンじゃ!

張り切ってまーす!!

おっしゃ!!

可笑しな1日。馬場中野高円寺

20071114043557
昨日はお天気にも恵まれ、気持ちのいい1日を過ごしました。

11月16日のSTBライブに向けての最終リハーサルを高田馬場でやり、
お腹が空いたね~とパンダとかつみ姉さんと三人で中華料理やさんへ。

ご飯を食べながら、
衣装はどうするの?
なんて話してたら、
ほんじゃ、一緒に見に行きましょかー!
って事で東西線に乗り、中野ブロードウェイへ。
初めて、ゆっくり訪れたけど、なかなか面白かった!

私のサイズの服は見つける事が出来なかったけど、ワイワイとお喋りしながら、歩いてたら楽しかった。
…が結構、歩いたので三人とも休息が必要になり、カフェへ。

カフェで休んだら、少し体力を取り戻したようで、折角だから、隣町の高円寺へ行こう!って事になり、電車に乗った。

高円寺へ着いたら、可愛いお店がたくさんあって、ついつい、今日のお買い物の目的をすっかり忘れ、色々買い込み、荷物がどんどん増えていった。(特にパンダと私)

パンダなどは
何故だか、早い段階でココナッツの缶詰めなんかも買っちゃってた。
その後の歩きが大変だったのではないか…パンダらしい!…笑える。プププっ。

ギャハギャハと笑いながら、お店の外に出ると
背後から「はるさーん」
と呼ぶ声が…。

先日、阿佐ヶ谷ジャズフェスでジョイントしたP&Pのメンバーに遭遇。

しまった!馬鹿笑いを聞かれてしまった。

その後もお互いを励まし合いながら、歩きに歩いた。

そして、数時間前にご飯を食べたばかりだったがお腹が空き、また、食事へ。(かつみちゃんは空いてなかった模様)
美味しそうなお店は混んでいたのでガラガラの焼鳥屋さんへ。

七輪のあるテーブルに案内された。

焼き鳥や焼きはまぐりや野菜などを注文したら、

生の具材がお皿に乗ってやってきた。

自分で焼いて下さい!だって…。

かつみちゃんはその予期せぬ事態がかなり可笑しかったらしく、かつて聞いた事がない程大きな声で顔をクシャクシャにして大笑い。

あ~お買い物も体力が必要だとつくづく思ったよ!!

笑いっぱなしの七時間でしたー!!…長っ…

ああ!気持ちがいいなぁ~。

20071113121554
晴れ渡る空

それだけで
心まで伸びやかになる。
昨日は久しぶりにバイクに乗った。

ツアーや雨が続くと
バイクには乗れないんだけど(もう少し若い頃は雨にも負けず!だったけど)
久しぶりに乗ると
心がお喋りになり、
あーだこーだとひとしきり自由にお喋りする。

体力のあるうちに
バイクの旅に出たいと思っているけど、なかなか実現できず…。

あー、日向ぼっこは気持ちいいな~。

太陽さん、ありがとう!

やっと緩めたー!

20071110211036
なんだかんだと
走って来ましたが
身体ががたがたとなっておりました。

首や肩が鉄板で出来てるような…そんな状態でした。

お風呂にゆっくり浸かっても
マッサージクリームを塗っても
湿布をぺたぺた貼っても
何をしても、一旦、固まった筋肉は緩んではくれず、あずましくない状態でした。

今日はゆきわりそうクラップスの熱いレッスンをして(今日は私はピアニストとして…インチキくさいやねー)

そして、池袋に行き、個人レッスンをして

その足で真っ直ぐマッサージやさんへ。

全身てもみ50分。

甚平に着替えて(短パンが小さかったが言えなかった)、ベッドで寝ながら、待っているとビューティーペアのマキウエダ似の中国人のお姉さんがやってきた。

マキウエダはやたらと力が強く、肩や首をマッサージされながら、ぅう…とかひゅーぅとか言いながら、耐えてみた。

弱いよりは効きそうな気がするのよね、だから我慢しちゃうんだけど…。

我慢していたら、知らぬ間に深い眠りに落ちていた。
…夢も見ていたようだ。

次に目を覚ましたのは
背中に熱いタオルを四本置かれたから。

これが実に気持ちよかった。

それからはマキウエダの華麗なるテクニックが私の背中の上で披露された。

私の背中に
マキウエダは正座スタイルで全身の体重をかけながら乗り、上から下へ。

細い女の人にもおんなじ事をするのかしら?
などと考えながら、マキウエダの膝の移動を楽しんだ。

ぁあ!背が伸びそう。

それも終わり、うつ伏せから仰向けに…。

まるで除霊をするようにパンパンと身体を叩いていく。

私の疲れよ!身体から退散せよー!

パンパン。

そして、頭部へ。

頭を指でマッサージして、次に肘で耳の辺りを何度もこすり、

そして、
マキウエダの必殺技。

私の長い髪の毛に指を絡ませて、グイグイと引っ張った。

かなり気持ちいい。

最後は私の頭を抱きかかえ、ネック伸ばし。

こうして、私の50分一本勝負はマキウエダの圧勝で幕を閉じた。

チャンピオンベルトを渡したいくらいだったよ。

こんな試合なら
いつでもしたいくらいだ。

ありがとう!

新潟県新発田2日目は…

20071109002603
20071109002601
今朝は…なんとフロントから来た電話で起こされると云う情けない朝から、始まりました。

長年の歌仕事初の寝坊。
8時50分ロビー集合。
フロントからの電話
8時52分
ロビー到着
8時58分
あ~ほんとに申し訳ない事をしました。

消防士さんのように着替え、とりあえず、全てを鞄に詰め、六分で準備。
目覚まし時計も携帯の目覚ましも聞こえず、爆睡してました。

そして、10時本番。
間に合いましたよ!!

明日は誰よりも早く行こうっと。

そんなスタートでしたが今日は午前と午後で
約1400人の素直で可愛い子ども達に出会いました。
子ども達の明るいパワーがステージにいる私達にバッチリ届き、胸がいっぱいになる場面もあり、喉が詰まりそうでしたよ。
すごく嬉しかったよ!!
ありがとう!!

二回のコンサートも
パワー全開で終了が3時。

ホテルに戻ると新潟に住んでるパンダの音楽友達の板さんが(どこに行ってもパンダの友達がいるって感じ(^-^) )私達をワゴンに乗せて、市内観光に連れて行ってくれました。

まずは新発田城

夕焼けに染まるお城は
綺麗でした。

そして、お酒好きのメンバーの為に酒蔵へ

そこではライブもやっていると云う。

到着したなら、サウンドチェックの最中。

偶然にも今日のライブは
「caravan」
事務所のたまちゃんの知り合いって事でご挨拶。感じのいい好青年でした!!

その後、のんべいチームと下戸チームが2つに別れ、それぞれの目的地へ。
新潟は、お米が本当に美味しいわ~とつくづく。ピッカピカよ~!!

テーブルに乗り切らない程に注文して、綺麗さっぱり全部平らげて来ましたー。

あ~明日はどんな子ども達に会えるかなー?

今から楽しみ!!

明日は寝坊しないように今日は早く寝まーす。

妙にしっくりきた!!

20071108011242
今日もうれしい事があったよ!

今日は、明日のコンサートの為のサウンドチェックと照明リハーサル。

会場に着くと
以前、富山でご一緒した音響さん。

ステージ上から挨拶して、いざ一人づつ、サウンドチェック。

私の番になり、声を出すと喉の調子は今ひとつなのにやたらとマイクに声がのる。

今まで使った事のないマイク。

あまりに気持ちよく低音域から高音域まで拾ってくれるもんだから、知りたくなって音響さんに聞いてみたの。

そうしたら、前回のコンサートを参考にして、マイクを用意してくれたとの事。

★ノイマン(spellingは分からない)
KMS 105
ベルリン産

八代亜紀さんや
小林幸子さんも使ってるらしいって事も教えてくれた。

こうもマイクで変わるものなのね~って事を実感。

いつもこのマイクで歌えたら、歌のうまい人みたいになれるって思ったよ(*'-')

あっ、自分で買って持ち歩けばいいのか…

なんだか初めて、歌手のブログって感じだわね~。

あ~それにしても
音響さんの気持ちが嬉しかったな~。

明日はいい歌を歌って、音響さんの気持ちにお返しをしようっと。

新潟県は新発田からで~

20071107215916
20071107215915
今日は新幹線に乗り、そして、在来線に乗り換えて新潟県は新発田に来ています。

今日のトピックは
神様の導きとしか思えない素敵な巡り合わせがありました。

東京駅の新幹線ホームを歩いていると
コンビニで大きな荷物を引きながら、買い物をしていた・スーパーボーかリストの「CHARITO」を見かけました。‥私のHPのリンクの所に貼ってあります!

チャリートはパンダが若い頃に習っていた先生で、私が交通事故の後、松葉杖を付いていてバイトが出来ない時にチャリートの事務所の電話番として拾ってくれた人。

そして、空いてる時間でピアノの練習をしていてもいいんだよ!って言ってくれたお蔭でピアノを弾けるようになりました。

また、チャリートが空いてる時間、スタジオ(事務所)を使っていいよ!って貸してくれたお蔭で、私の個人レッスンが始まりました。

若い頃、とてもお世話になったお姉さん。
大感謝!!

一通り挨拶を終えて
新幹線に乗り込むと
なんと同じ車輪の前後の座席。すごい!!

って事でせっかくだから、たくさん話そうよ!とチャリートの隣に席を移動。

東京駅から新潟に着くまで、チャリートとパンダと三人でワイワイ話しました。

11月9日には(新潟から直行)
目黒ブルースアレーでのチャリートのライブ(ニューアルバム発売記念)に行く事になり(久々ですごく楽しみ!!)

また、11月16日ココロコのスィートベイジルにチャリートが来てくれる事になりました(*^.^*)

懐かしの再会。

神様の見事なまでの演出。

新潟駅でチャリートと別れ、私達は在来線に…。

明日から2日間の芸術鑑賞会(1日70分2回)のリハーサルを終えて、ホテルに戻り、みんなでご飯を食べて部屋に帰って来ました~。

のんべいさん達は飲み足らず、部屋飲みを始めた模様。

私は持参した一冊の本とコンビニで買った二冊の本を入浴剤を入れたお風呂で半身浴しながら、ゆっくり読もうと思います。

こうして、新潟の夜は更けてゆきます。

テンション上がり過ぎてまーす!

20071107041920

昨日はココロコの11月16日のスィートベイジルのバンドリハーサルを
五時間連続でやりましたー!!
バンドさん達がかっこよかくて、すっかり乗せられましたー。

もう、そりゃ体力的にはハードったらなかったけど、来てくれる人達を思い浮かべながら、
歌ってたら、テンションが上がりまくって…

ほぼ五時間、ダンスしながら熱唱!!

ばっちり晩ご飯を食べたにも関わらず、帰宅後、計ってみたなら、体重が落ちてました!

やったーε=ヾ(*~▽~)ノ
熱い一夜になりますよー!!

予約を入れて下さいました皆様、楽しみにしていてください!!

そして、ご予約がまだな方は迷う事なく
お早めにお電話してくださいまし~。

あなたのお越しを心からお待ちしております!!

0354740139(お間違えのなきようお願いしまーす)

そして、昨日の二大イベントの締め括りは
新中野のライブハウス
「弁天」で行われた
★庄野真代さんと浜田山ーず+ラッキー実さんのライブ。

なんでこんなにも楽しい時間は羽が生えたようにあっという間に過ぎてしまうんだろう!ってほどにあっという間でした。
気がつくと
ずっと口が半開きで、
にやにやしてる私がいて…
ヤバいね~。

だってね、そこには
生き生きとして
キラキラと輝く音の海があるんですよ~!!

1音たりとて
聞き逃したくないって
心も耳も言うんですもの。

ギターの田中章さん
ベースの渡辺茂さん
ピアノの加藤実さん

三人とは思えない音の厚み。
優しくて強くて…深くて、大人の色気があって愛がいっぱいで、絵や色が見える音。

そして、真代さん。

真代さんの歌や言葉は
いつもあったかい温度が伝わってくる。

溢れる優しさが
歌になって伝わってくる。
いつ聴いても
じ~んと胸が温かくなります。
心からリスペクトしているシンガーです!!

あ~ライブに行けてよかった!!としみじみ思いました。

すっかり、パワー充電完了。

あっそうそう
四人のコーラスワークがめちゃくちゃかっこよくて、綺麗で、痺れました~。

すごい才能の人達が集まってるんだもの、そりゃにやにやにもなります。

あまりにかっこよかったり、素敵過ぎると
笑ってしまう癖があるようなの私。

これからもたくさん、にやにやしたいものです。

なかなかのプレッシャーだよ~。

20071105201633
来たる11月11日
1が4つも続くこの日、錦糸町のホテルにて
ビックリトルの30分ステージがあります。

どんな内容かって…

ビックリトルを応援して下さってる素敵なおじ様の高校の同窓会。

約50年以上も前の時代を共に過ごした人達の同窓会で、
アメリカはニューヨークの高校の同窓会。

って事でお客様はほとんどがアメリカ人。

ヒャー!!!

自己紹介も曲紹介も
英語!!

どうなる、私。

(日本語の紹介だって
怪しいのに。)

1対1なら、そんな状況でも平気で笑いの一つも取れるんだけど…。
(実際、お互いに全く言葉が通じなくても笑わせてきたって自負があります。…それともただ、笑われてたのか?(--;))

でも、ステージでってなるとそうも行きますまい。

ぁあ~おじ様の顔を潰さないようにするので精一杯でございます。

小学五年生から英語を習い始めたのに…なんで…なの??

中学時代の英語のテストはほぼ、満点だったのに何故…なの??

理解力じゃなく
記憶力の成せる技だったのよね~。

何十ページも丸暗記の成せる技。

しかも歌うように
音の流れで覚えてたのよね~。
私にとって、英語は会話じゃなく音楽だったのよ。

こうなりゃ
文章を書いて、得意の丸暗記だわ。

はるの運命、これいかに…。

乞うご期待!!

それにしても、同窓会を日本で!って、素敵ですね~(*^.^*)
大人の余裕とスケールの大きさを感じます。

Dear My Friend

20071103055050
いつも
どんな時も変わらず
愛情いっぱいで応援してくれている友達が
人生の一大決心をし
実行に移しました。

先が見えない不安も抱えている事でしょう。

友とは
同じ人のファンと云う立場で知り合いました。

私に見えている友の姿はほんの一部分。

その一部分から感じる事はうまいこと、のらりくらりとやり過ごす器用さは持ち合わせてはいないように見えます。

その分、友の実直な誠実さは伝わっています。

どんな選択をしても…
どんな事が待ち受けていようと…
友ならば、
そこに楽しい事を見つけられると思っています。

ウィットにとんだユーモアと知恵と愛情いっぱいだからね。

人は毎日、大小あれど
自分で選択しながら生きています。

あの時の決断は
間違ってなかったな~と思える過去を創造して生きたいものですね。

友へ
私もどんな時も
応援しています。

全てはうまく行くよ!!

コンプレックス

20071102152601
私の父は、いわゆる只の田舎の親父。

特質した所をあげるのならば、非常に綺麗好きでお洒落が大好き。

外から帰ると
必ず手や顔を洗う。
いつも鏡を見ては髪に櫛を入れる。
ハンサムとは思わないが女性にモテるタイプらしい。

東京に来る時には
銀座へ行き、オーダーでシャツを作ったり、イタリア物の靴や時計が好きらしく(似合っているかはまた別として…)
外見を非常に重視する人。

そんな外見重視の父の言葉にことごとく、傷ついてきました。

大人になってからは
愛情表現の一つだと思うようにはなれましたが
柔らかい子どもの心はそれらを理解する術もなかったものです。

私が生まれた時
とっても、ころころして仏様のような顔をしていたようで頬のお肉が盛り上がり、目が線のようで目が開かないんじゃないか?と思ったよ!と…。

のんちゃんママの子どもの頃のあだ名は
「山一」・お山一番・目が大きいからと付けられたそうです。
(のんちゃんに似たかった!!と常々思ってたよ。)

その後も父は
私の目について、あれやこれやと私を膝に乗せて、笑顔で…優しい声で暴言を吐いた。

そんなある時
「死んだ魚みたいな目をしているね~」 とまた笑顔で冗談まじりに言ったの(TOT)

流石に暢気な私も心から傷つき、それ以降、人の目を見れなくなったりして…。

冗談やイタズラが大好きで人を笑わせるのがほんとに好きだったけど、誰の目もあまり見る事もせずにお馬鹿な事ばかりするようになりました。

そんな私も二十歳を過ぎた頃、たまたま読んだ本の中で長嶋茂雄さんの言葉に出会いました。

コンプレックスを持つ事は悪くはない!
コンプレックスに負ける事が悪いんだ!

…みたいな言葉。

その時、まさしく私の目はハァッと開かれたのでした!!

目は口ほどに物を言う

目は心の鏡

うーん、なるほど。

コンプレックスに完全にノックアウトされてた私ですがそれから、トラウマを越える努力に勤しんだものです。

随分と時間がかかるものだな~と思いながら…。

今では相手の目を見て、話すのが好きになりましたよ。

目と目で通じ合う事があるんだな~ってね。

言葉が要らない時だってあるものね~。
そんな時には、うれしくて心がぽかぽかになります。

そして、そんな瞬間が大好きです。

そうは言っても
ステージメークをする時、鏡を見てはがっくしきたり、もう少し、目が大きかったなら…とか色々思ったりもして

ありのままの自分の外見をすっぽり丸ごと愛せてない自分と向き合ったりもしてたりします。

これは仮定の話ですが
そんな父と出会わなかったら、妙にうぬぼれの強い私になってて、自分を知る努力をしなかったかもしれないな~。

とは言え、もう少し自信のある私にもなりたかったな~。

まっ、そんなだから、歌う事に真剣に向かえたのかもしれない。

長々と書きましたが
最後まで読んでくれてありがとう!!

そして、
なぜ、今日、このテーマを選んだのか?わかりませんが 今日はどうしてもコンプレックスについて書きたかったの。

少しでも誰かのお役に立てればと思います(*^.^*)

優しさ溢れる歌声に…

20071101180740
夜がやって来るのが早くなってきましたね。

夜は好きだけど
早くやってくる夜は
なんだか寂しい。

2人目の子どもを
神様から授かった生徒さんから、手紙が来た。

手紙の中には
2枚のMDが同封されてた。

それは私とその子が大好きな玉置浩二さんのMD。

移動の間、
デッキをポケットに入れて、優しくてかっこいい歌声に心が満たされています。

歌い方が変わったように感じるな~。

よりシンプルで
真っ直ぐで…

心に直接、語りかけられる言葉とメロディー。

優しくなったり…
力強く生きていこう!なんて思ったり…
切なくなったりしてる、私。

これは冬に向かう途中だからかな?

夜が早くやってくるからかな?

みんながしあわせで
ありますように
プロフィール

ゴスペルシンガーHAL

Author:ゴスペルシンガーHAL
ゴスペルシンガー、
ボイストレーナー。
個性派ボーカルグループ「COCORO*CO」や「ビックリトル」で活躍中。数多くのグループにゴスペルも指導。国境なき楽団・海を渡る風のプロジェクトリーダー。

カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード