宝の山に登りて☆



永遠を探しに出掛けたいほどに
晴れ晴れとした気持ちの良い午後

季節は初夏


ちょっと相談に乗ってほしい事があったので

お洒落で有名な街の地下鉄の改札で
気の合う友達と待ち合わせ


少し早めに着いたから、
改札付近の柱に寄りかかりながら
駅を利用する人を眺めてる


ファッション雑誌から
飛び出てきたみたいにお洒落な人達が
足早に駆け抜けてゆく


綺麗だったり、素敵なだけで、
人をワクワクさせたり、喜ばしたり

それも神様からのギフトなんだろうなぁ~とぼんやり思いながら、
時計を見ると約束の時間を10分も過ぎてる


いつも時間に正確な友達
遅れて来るなんて思いもしなかったので
時計を見なかったのだ


どうしたんだろ??


その時、携帯にメールが届いた


「ごめんなさい。急で申し訳ないんだけど、拠ん所ない事情で一時間遅れそう。
どうしよう?
待っててくれる?」


素敵な街だし、
1時間なんてあっという間だろうと思い、

「了解!待ってるよ。着いたら、電話ちょーだい☆」と返信した


よし!せっかくの晴れ晴れ大晴天
地下にいるのはもったいないと
長いエスカレーターに乗り、地上へ


地上もまたお洒落で個性的な人達が
行き交ってる


街を探索するのもいいけど、
オープンエアーのカフェで人を眺めてるだけでも楽しそうだ


スラッとかっこいいウェイターのお兄さんに席を案内してもらい、
コーヒーを注文


普段なら、カフェに入ると本を読むか、
携帯電話であちらこちらのサイトを覗いたりするんだけど、
素敵な人達を眺められるチャンスだもの。
もったいない!!!


コーヒーは予想以上に美味しくて
多少、値段が高くても文句もないなぁ~と
またまたぼんやりしていたら、


隣に座っていた白髪の素敵なおばあちゃまと
育ちの良さそうな孫らしき2人の会話が耳に入る

興味深い話


「おい、詩音、人の話に聞き耳をたてるなんて、趣味が悪いぞ!」などと心の中で
自分との会話が始まった


紹介が遅れましたが
私は詩音(シオン)


プロの歌手を目指す22歳


親元を離れ、東京で一人暮らしを始めて、
もうすぐ二年

そろそろ、電車の乗り換えも慣れてきた頃


まだまだ、歌で食べて行くには程遠く
レッスンの合間にアルバイトを2つ掛け持ち

あっ!正確に言えば
アルバイトの合間に歌とダンスのレッスンを受けています

簡単な自己紹介を終えた所で、


先ほどのおばあちゃまと孫の会話に
話を戻すね


外から見たら、ぼんやりと外を眺めているだけの私に見えたかもしれないんだけれど、


心のメモ帳に余白が少なくなるほど、
2人の会話を刻んでる


どうやら、孫のメイさんは
現在21歳でプロのダンサーを目指しているらしく、
おばあちゃまは、若い頃からステージに立ち続けている舞台女優らしい


どうりで、2人共、
立ち居振る舞いが美しく華やかな訳だ
合点がいく!
 
そうそう、2人の会話になぜ興味を引かれたかを話すね


先ず聞こえてきたのは

おばあちゃまが話す
現在、過去、未来の3点から、
客観的に自分を見ること


どうやら、メイさんの仲間の中には
既にバリバリ仕事をしている人がいるらしく、焦る気持ちが心を乱しているらしいの


太古の昔、比較と云う観念がなかった頃
人は分け合い、助け合い、
とても幸せに暮らしていたそうなの


それがある時、所有の意識を持ち始め、
あそこの家族よりも私達の方が多くを持っているってなったらしい


そうかそうか!それからどした?!
心の中で相槌を打つ

分け合えば足りる物でも
奪い合えば足りない

となったそうだよ


時には比較も役に立つ事があるけれど、
同時に嫉妬と云う感情も受け止める覚悟がなきゃダメなんだって


それはアクセルを掛けながら、
ブレーキを踏む行為にも似てるんだそうだ


ここまで話すとおばあちゃまは
優雅な仕草でコーヒーか?紅茶を飲んだ


すっかり前のめりになるほど、
真剣に聞いてた私も飲むのを忘れてた


飲み終わったおばあちゃまが
また話し始める


だからね、人と比較するよりは
自分の3点に集中するといいのよ。

将来、なりたい自分から観て、
今の自分はどの辺りにいるのか?
また、過去の自分から観て
今の自分は少しは成長出来ているのか?

ってね。

嫉妬にかられると夢の中で
追っ手から走って逃げているようなもので
それはそれは疲れるのよ


メイさん、
同じエネルギーを使うのなら、
自分の成長に使いなさいなぁ

花をごらんなさい

隣の花よりも私の方が綺麗に咲いてる
なんて事も思わず、
自分の花を精一杯に咲かせているでしょう!
なんて健気で美しいのでしょう



詩音は心のメモ帳に
蛍光ペンで線を引いた 



メイさんもとっても納得したらしく
自分の向かうべき道が明確になったらしい

スッキリと明るい表情をしている

2人が立ち上がる音が聞こえた




詩音の胸の高鳴りが
おばあちゃまに聞こえてしまうんじゃないか?と思うほど、ドキドキしてた

あ~もっと聞いていたい!

だって、


今日、友達に相談したかった事の答えが
たまたま隣に座ったおばあちゃまから、
全て返ってきたのですもの




神様のメッセージは
聞く準備が出来た者には至る所に
用意されているんだなぁ



永遠と思われる時間の中で
一瞬の煌めきを
見つけよう


人生はあらゆる所に用意されてる
神様のメッセージを探す
宝探しみたいだなぁ~と詩音は思ったのです




その後、
詩音はピンとアンテナを立てて、
(圏外にならないように)
宝探しに夢中になりました。


あの時、友達が遅れて来ることに腹を立てて、帰っていたら・・・

あの時、カフェに入らなかったら・・・

あの時、メッセージを聞き逃したら・・・


全てのことには
意味があるのかもしれません





It*s Up To You☆
(あなた次第)





おしまい


 



もう出ては来ないだろうと思っていたんだけど、
第5作目を書きました~!!
出来うんぬんはプロの作家じゃないから、
厳しいことは抜きにして、
こうなりゃ、完璧に趣味だ。
新しい趣味が出来た~!やった~(^_^)ノ

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト

コメント

No title

書くことがある、っていうことは、HALさんがこれまでいろ~んな思いを経験されているからでしょうね。セレンディピティは人との出会いももちろん、たまたまつけたテレビで、書店で手にした本が、電車のつり革広告が…なんてレベルでも^^ そう思うと、とても日々前向きになれますね^^

(*^_^*)

いちごちゃん☆

返信遅くなりました~!
コメントありがとうです。
こんなに書きたい事があったのか?って
自分でもビックリしてます(*^_^*)
どうやら、まだまだあるようで次々とテーマが脳内にやってきてます。

そう、セレンディピティ☆

小さな幸せを発見出来るとそのうち、
大きな幸福に繋がる道が出来ますね~!

第6作目もアップしましたよ(*^_^*)
読んでくださいましm(_ _)m


またまた

ステキ過ぎて涙出そうです(≧▽≦)

何だか私の欲しい応えが全部はるさんの小説につめこまれていて、読んだ後に気持ちがすごく晴れやかになります♪♪

またお邪魔します!

(*^_^*)

はらっぱちゃん★

早速、読んでくれたのね(*^_^*)
ありがとう!!嬉しい!!

全ての時に神様の美しいタイミングがあるよ。
また、遊びにきてね(*^_^*)

良い物語ですね・・。

プロでないのですから、素敵な趣味がずっと続いているのですね。僕は基本詩と評論ですが、3篇ほど原稿用紙30枚程度の小説も書きました。学生と年上の人とのロマンとか。「全てのことには意味があるのかもしれません」~素敵な言葉ですね。まあ書き手の資質、生き方が小説に反映するのは当然です。
>僕に向かっても言っているのですが、アフォリズム的な表現に「ドラマ性」が加われば、ドンドン「降りてくる」とも思います。僕に対して言ってるのですが。広さ、深さが十分表現されてると思います。

No title

小説でなくて「日記」とありますね。上のコメントは「小説なら」の話しです。日記には多くの内面のドラマが書かれていると思います。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ゴスペルシンガーHAL

Author:ゴスペルシンガーHAL
ゴスペルシンガー、
ボイストレーナー。
個性派ボーカルグループ「COCORO*CO」や「ビックリトル」で活躍中。数多くのグループにゴスペルも指導。国境なき楽団・海を渡る風のプロジェクトリーダー。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード